試合レポート

【神奈川】4回戦 法政二 vs 東海大相模

2023.09.18


強打のトップバッターが逆転3ラン、東海大相模が盤石な試合運びでベスト8

<神奈川県高校野球秋季県大会:東海大相模5-1法政二>◇17日◇4回戦◇サーティーフォー保土ヶ谷

東海大相模vs法政二の一戦。今年の神奈川ではNo.1と呼べる強力打線を誇る東海大相模だが、法政二相手に苦しい試合展開となった。

2回に1点先制を許して迎えた3回、1番・和田 勇騎外野手(2年)の3ランで3対1と逆転に成功する。和田は期待の大型外野手。コンタクト力も高く、将来性抜群の逸材だ。

この一打で勢いづくかと思われたが、法政二の二瓶 辰徳投手(2年)の80キロ後半のスローカーブにタイミングを崩され、なかなか安打が続かない。その後、追加点を入れることはできなかったが、7回、1死二、三塁のチャンスからスクイズで1点を追加。さらに二塁走者の和田も突っ込んでアウトになったが、この攻撃の意図について原監督は「3点取ったあと、なかなか点が取れない雰囲気になっていて、どうしても1点が取りたいイニングでした。また二塁走者の和田も足がかなり速いので、それを狙わせるつもりでやりました」と語る。

隙さえあれば小技で2点を取るつもりだった。そこではアウトにはなったが、その後、4番・滝川の二塁打で5対1とする。

投げては先発の塚本 空輝投手(2年)が最速139キロの直球とスライダーのコンビネーションで8回1失点の快投。9回は194センチの大型左腕・藤田 琉生投手(2年)が最速140キロの直球、カーブのコンビネーションで、1回を2奪三振の快投を見せた。打線が不調でも、圧倒的な投手力でベスト8進出を決めた。

東海大相模は、148キロ右腕の福田 拓翔投手(1年) 、140キロを超える速球を投げ込み、安定感抜群の投球を見せる髙橋 侑雅投手(2年)も控える。原監督は「失点はあまりしない投手陣」と信頼を寄せる。

まだ外野守備など課題は多いが、伸びしろはたっぷりなチーム。準々決勝では強豪・日大藤沢と対戦する。本領発揮なるか。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

【三重】白子名張、久居農林が県大会出場へ<春季大会地区予選の結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?