試合レポート

【宮城】2回戦 仙台城南 vs 角田

2023.09.18


9回1失点完投勝利を挙げた仙台城南・小塚光貴

夏の県大会準V・仙台城南が8強入り!新エース小塚光貴が12奪三振1失点完投

<第76回秋季東北地区高校野球宮城県大会:仙台城南2-1角田>◇18日◇2回戦◇仙台市民

夏準優勝の仙台城南が接戦を制し、秋8強入りを果たした。4回、4番・植野 広大外野手(2年)の適時二塁打で先制。7回に追いつかれるも、直後に1番・佐藤 柊真外野手(2年)が適時二塁打を放ち、勝ち越した。投げてはエース・小塚 光貴投手(2年)が、9回3安打1失点で完投勝利を挙げた。

小塚は今夏の県大会で2試合に登板。うち1試合は決勝の先発マウンドだった。仙台育英打線に打ち込まれ、5回9失点。チームを甲子園に導く投球はできなかった。

新チーム発足後は栃木県への遠征を行い、作新学院などの強豪校と練習試合を戦った。投手陣は遠征期間中の6試合で計70失点以上と苦戦。小塚も先発の役割を果たせず、「(対戦チームの投手は)球速やキレ、体の大きさなどが違っていて、力の差を感じた」。県大会決勝や栃木遠征で味わった悔しさを胸に、秋に向け実力を磨いてきた。

この日は立ち上がりから直球と得意球のスライダーが冴え、4回2死まで無安打投球を続けた。7回に同点打を浴びるも、8、9回は危なげなく抑え完投。奪三振も12を数え、「自分は三振を取れるタイプではないけど、スライダーにキレがあって結果的に振ってくれた」と手応えを口にした。

元々、スリークォーター気味の投球フォームだったが、角晃司監督の助言で地区大会の途中から肘の位置を下げると、制球力や球の質が向上し、県大会に向け調子が安定してきた。「自分がどこまで抑えられるかにかかっている。自分がチームを引っ張っていく」。夏を経て生まれ変わったエースは、力強くそう口にした。

打線は今夏もレギュラーだった2年生4人が1番~4番に並ぶ。この日は角田の先発・佐藤 太子投手(2年)を打ちあぐねる中、佐藤と植野が要所で得点をたたき出した。角監督は打線について、「打てないのは分かっている。実力通りです」ときっぱり。一方、「夏5連勝して、秋も(地区大会を含めて)5連勝。どんな内容であれ、公式戦で勝てていることは褒めてあげたい」と目を細めた。

まだまだ発展途上のチームだが、小塚を中心に秋も旋風を巻き起こしたい。

(取材=川浪康太郎)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?