試合レポート

【東京】代表決定戦 二松学舎大附 vs 帝京

2023.09.18


二松学舎大学附が帝京を7回コールドで下す!左腕・祖父江が投打に活躍

<秋季東京都高校野球大会1次予選:二松学舎大附8ー0帝京(7回コールド)>◇17日◇代表決定戦◇江戸川区

帝京二松学舎大附という両雄の対決は、昨年秋の準決勝以来になる。それが1次予選で激突する。球場は1次予選とは思えない緊張感というよりも、敗れた方は、来年のセンバツはおろか、この秋の都大会すら出場できないのだから、より張り詰めた空気があった。

帝京はエースの西崎 桔平投手(2年)が先発した。夏までは主に遊撃手として出場していたが、もともとは最速が140キロを超える速球投手だ。二松学舎大附は背番号7の左腕・祖父江 広都投手(2年)が先発した。最速は130キロほどだが、腕が遅れて出る独特のフォームで投げる。「強打の帝京。まともに行くとやられますから」と、二松学舎大附の市原勝人監督は言う。

試合は、初回の攻防が明暗を分けた。

1回、二松学舎大附は2番・土屋 慶太内野手(1年)が左前安打で出場すると、二松学舎大附は3番・片井 海斗内野手(2年)、4番・五十嵐 将斗外野手(2年)という東京を代表する好打者を迎える。帝京の西崎との勝負が注目されたが、2人に四球と死球で満塁になる。ここで5番・椎名 潤内野手(2年)の中犠飛で二松学舎大附が1点を先制する。さらに6番・永尾 愛蓮捕手(1年)が右前安打を放ち2点目。さらに7番の祖父江も二塁打を放ち3点目が入る。「祖父江の3点目が大きかったですね」と市原監督は言う。

1回、今度は攻守が代わり、投手・祖父江が、帝京の1番・西崎と対戦する。「圧がありました」と祖父江は、打者・西崎について語る。そのためか、西崎は四球で出塁する。しかし2番・奥山 悠仁内野手(2年)は一ゴロの併殺になり、この回の攻撃は3人で終わる。

これで二松学舎大附の祖父江は投球にリズムが出てきて、帝京は凡打を繰り返す。祖父江は三振を取るタイプではないが、バックが好守で応える。特に遊撃手の入山 唯斗内野手(1年)は失策が1つあったものの、三遊間の深い当たりも、ボテボテの前への打球も軽快にさばき、帝京に付け入るスキを与えない。

二松学舎大附は3回に1死二、三塁から8番・花澤 莞爾外野手(1年)の左犠飛で1点を追加。4回には9番・小枝 英心外野手(2年)が本塁打を放ち、帝京の西崎を降板させた。

さらに二松学舎大附は5回に2死一、三塁から1番・入山、2番・土屋、3番・片井の3連打で3点を追加し、8対0とする。片井はこの試合、2安打。長打はなかったが、球に逆らわず左右に打ち分ける打撃で、パワーだけでなく、うまさもあるところを示した。

投げては祖父江が、7回を2安打無失点。奪三振は1個だけだが、四死球も初回に西崎に与えた1個だけ。野手の好守にも助けられ、安定した投球で二松学舎大附に勝利をもたらした。それにしても8対0、想定外の7回コールドであった。

敗れた帝京の金田優哉監督は、「完敗です。対戦が決まってから3週間、準備をしてきましたが、駄目でした」と語る。強豪校は通常、都大会のある10月にピークを持ってくる。トップクラスのチームと、9月に公式戦で対戦するのには慣れていなかった。

その点、二松学舎大附は、グラウンドが千葉県の柏市にあるため、毎年1次予選の試合会場にはなっていない。そのため、1次予選で強豪校と当たることも多く、6年前は東海大菅生と対戦して勝っている。そうした経験が、二松学舎大附に有利に作用した可能性はある。

いずれにしても帝京は、秋の都大会では見ることができない。しかし、これも夏まで続く戦いの序章に過ぎない。早期に敗退した帝京は、春以降、巻き返してくるに違いない。

勝った二松学舎大附は、5季連続の甲子園出場の夢がこの夏かなわず、仕切り直しになる。4季連続で甲子園に行って、選手たちも、「行けるんじゃないか」という、思いになったという。「でも現実は甘くないですから、もう1度アカを落とさないといけません」と市原監督は言う。新主将になった五十嵐は帝京に大勝したことは「自信になります」と言うものの、都大会に向けては、「一戦、一戦しっかり戦います」と気を引き締めた。

取材=大島 裕史

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

1 Comment

  1. 佐藤香里

    2023-09-24 at 4:38 PM

    帝京に、都大会代表決定戦で、8-0で7回コールドでの秋季都大会出場、お目出度う御座居ます㊗🎂💐夏の甲子園に出られ無かった分、来年の春の選抜は、何としても、出場を果たして下さいませ

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?