試合レポート

【東京】代表決定戦 聖パウロ学園 vs 八王子

2023.09.17


聖パウロ学園が八王子にコールド勝ち!エース・宮川が7回を3安打0封

<秋季東京都高校野球大会1次予選:聖パウロ学園7-0八王子(7回コールド)>◇16日◇代表決定戦◇八王子高校柚木野球グランド
八王子市に学校のある強豪同士の対戦。特に聖パウロ学園の勝俣秀仁監督にとっては母校との対戦になる。「これまで公式戦で3回当たって、1回も勝てていません」と勝俣監督。この試合への思いは強い。

聖パウロ学園は、夏はシード校。この秋も、夏のメンバーが多く残っている。特に3番・川畑 柚斗、4番・村越 温斗の3、4番は強力だ。けれどもこの試合、突破口を開いたのは下位打線だった。

八王子は安藤徳明監督が、「コントロールがいい」と評価する佐藤 順成が先発した。佐藤順は、2回に聖パウロ学園打線につかまる。1死後、聖パウロ学園の6番・伊村 和輝、7番・大和田 陽翔の連続安打に、8番で先発投手の宮川 聖治の死球で満塁となり、9番・平田 藍斗の右前適時打で1点。送球で失策もあり、さらに1点が入る。先発の佐藤順はここで降板。制球を期待された佐藤順だが、「経験がないので、精神的なこともあると思います」と八王子の安藤監督は語る。その後も攻撃が続き、3四死球と1安打で聖パウロ学園が3点を追加する。

聖パウロ学園は、夏までは2年生の原田 翔奈冬がエースだったが、この秋は宮川がエースになっている。宮川は原田について、「野球ではライバルです」と語る。「安定感なら宮川、球威は原田の方がある」と勝俣監督は語る。高いレベルで競い合っているだけあって、宮川の投球は勝俣監督の期待通り、安定している。「緩急を意識している」という宮川は、ツーシームやスライダー、カーブなどを駆使しながら八王子打線を翻弄する。

八王子は1年生の1番打者・新井 唯人や主将で4番の豊田 俊治といった好打者がいるが、豊田には二塁打を打たれたものの、許した安打は3本。内外野の好守備もあって、得点を与えない。

八王子は2回途中から3番手として岸野 帆那海に代わって少し落ち着いてきたものの、聖パウロ学園は、5回に5番・片江 悠斗の二塁打などで1点、7回は9番・平田の二塁打などで1点を追加。7回で7対0となり、コールドゲームが成立した。

八王子はこの秋も東海大高輪台を破り、実力も実績もあるチームだけに、まさかのコールドゲームだった。ただ実戦経験の少ないこの時期、1度流れを失うと、取り戻すのは容易でない。それに八王子は投手に故障者も出ている。しっかり立て直して、春以降の健闘を期待したい。

母校から初勝利を挙げた勝俣監督は、「15年かかりました」と感慨深げに語る。

都大会出場を決めた聖パウロ学園は、投手陣はこの試合好投した宮川に、実績のある原田の2枚看板がおり、打線も川畑、村越の中軸に、下位打線も力がある。守備も主将で中堅手の山下 星信を中心にまとまっている。好投の宮川は「東京のてっぺんを取りに行きます」と力強く語った。都大会の戦いが注目だ。

取材=大島 裕史

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

1 Comment

  1. 稲垣あいうえお雅史

    2024-01-16 at 2:44 PM

    八王子学園八王子高
    ブルーノ平田さん代表入りしたよな、ブラジル🇧🇷の。
    WBC⚾2013年あたりか?
    亜大から東芝
    準々決勝の都小平高との試合、観戦したから。
    三番で捕手、「平田」と出てたよね
    一塁側の応援席からはバケーションの曲が
    ブルーノ、平田っ!
    でも今は聖パウロに敗退するくらいなのか?
    確かに弱くはないよな、パウロも

    そうしたって八学、都大会も出られないとは
    もっと行けるような試合をする練習を重ねろ。

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード