試合レポート

【鹿児島】決勝 神村学園 vs れいめい

2023.09.13

神村学園が危なげなくVも「課題と反省」<鹿児島秋季大会>

<第153回九州地区高校野球大会鹿児島県予選:神村学園8-2れいめい>◇13日◇決勝◇鴨池市民

神村学園れいめい。今大会、安定した勝ち上がりで九州大会出場を決めた両校の頂上決戦だった。

ここまで4戦完投、2試合完封、失点わずか5と抜群の安定感を誇るれいめいのエース谷内 秀乃介(2年)を神村学園がどう攻略するかが、大きな見どころだったが、立ち上がりから神村学園が試合巧者ぶりを発揮し、優位に試合を進めた。

初回は2死一、三塁から、一走が一、二塁間で挟まる間に三走・入耒田 華月(1年)が好走塁で先制。2回は1番・入耒田の中越え三塁打で2点目を挙げた。

4回は押し出し。準決勝まではストライク先行で打たせて取り、リズムよく投げていた谷内だったが、この日はボール先行でリズムが悪く、6四死球を出して精彩を欠き、4回で無念の降板となった。

神村学園は攻撃の手を緩めない。5回、先頭の6番・木下 夢稀(2年)が左越え二塁打を放ち、7番・川下 晃汰主将(2年)の送りバントが内野安打となり、一、三塁。野選で4点目を挙げ、2番・増田 有紀(2年)が右前2点適時打を放ち、この回初めて複数得点となる3点を追加した。

6回は6番・木下の左前適時打、8回は暴投で得点を重ねた。

7回まで攻守に劣勢を強いられたれいめいだったが、8回1死から内野安打、四球で一、二塁とし、途中出場の2番・荒木 球翔(2年)が右前適時打を放ち1点を返す。2死二、三塁となって荒木が意表を突く本盗を決め、2点目を挙げた。

9回も2つの四球を選んで一、二塁と得点機を作ったが、神村学園の先発エース・今村が最後を締め、夏に続いて鹿児島の頂点に立った。

そつなく、手堅く、危なげなく、神村学園が秋の鹿児島を制した。「夏の甲子園が終わってまだ3週間。疲労困ぱいの中でも選手たちがよく頑張ってくれた」と小田大介監督はねぎらった。

決勝は、大会屈指の好右腕・谷内を擁するれいめいを相手に、小刻みに得点を重ね8点を奪った。

初回2死一、三塁で一走・今岡 拓夢(1年)が一、二塁間で挟まる間に、三走・入耒田が好走塁で先制のホームに滑り込んだ。「きれいに打たれるより、相手にとって嫌な点の取り方ができた」(小田監督)。

今大会は警戒され厳しいコースを突かれることが多く、ガツンと打って取った得点は少ない。その分、粘り強く四死球を選び、バントや足を絡め、相手のミスにも乗じて、そつなく奪った得点が多かった。

さらにエース今村が完投。守備から攻撃のリズムを作り、終盤のれいめいの反撃も2点で食い止めた。

危なげなく勝ち切った一方で「反省と課題が多かった大会だった」と小田監督。8回、8点目を暴投で挙げた際、次打者席にいた藤田 侑駿(2年)に「徹底だろうが!」と厳しく指摘した。送球がそれたのを一番近くで見ていたのに、三走にコーチングしていなかった。野球のプレー以上に目配り、気配りを徹底することを選手たちに求めていた。

夏の甲子園から、わずか1週間で秋の県大会に突入。新チームの準備はどこよりも遅れていたが「一戦ごとに強くなる」(川下主将)と掲げ、大会の中で反省と修正を繰り返した。不安も大きかったが、夏の甲子園で先輩たちが戦う姿を間近で見て「またあそこでプレーしたい!」(川下主将)という強い思いがモチベーションになった。

国体、九州大会と、まだまだ緊張感の日々が続くが「何事も経験」と指揮官は歓迎する。未だ成し遂げていない「全国制覇」のための絶好の鍛錬の場だ。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>