試合レポート

【大学野球・京滋大学野球】2回戦 佛教大 vs 大谷大

2023.09.04


2者連続本塁打が飛び出した佛教大が連勝で勝ち点を獲得

<京滋大学野球秋季リーグ:佛教大8-0大谷大>◇3日◇2回戦◇マイネットスタジアム皇子山

佛教大が連勝で勝ち点を獲得した。

1回、1死一塁から3番・七條 太一内野手(3年=文徳)の右翼への2ラン本塁打で先制すると、「良いライバルの太一が打ってくれていたので、自分の中で火が付いた」と4番の岡野 翔海外野手(3年=神戸国際大附)も左翼ポール際へ2者連続となる本塁打を放った。

さらに岡野は4点リードの2回にも1死満塁から左翼線に2点適時二塁打を放ち、4打数2安打3打点の活躍。6月の侍ジャパン代表候補合宿に召集された主砲が実力を見せつけた。

代表候補合宿では同学年の右打ち外野手である青山学院大・西川 史礁外野手(4年=龍谷大平安)や大阪商業大・渡部 聖弥外野手(3年=大阪商業大高)から刺激を受け、「まだ自分のレベルが足りないということを自覚して、秋に合わせてレベルアップができていると思います」と成長のきっかけにすることができたようだ。12月に愛媛県松山市で行われる代表候補合宿メンバーに選ばれることもモチベーションの一つになっている。アピールする機会を増やすためにも「まずはリーグ戦を勝ち抜きたいです」と意気込んでいる。

投げてはリーグ戦初先発の中西 孔太郎投手(1年=乙訓)が丁寧な投球を見せて6回無失点。「ビックリする球があるわけではないですけど、どの球でもストライクが入って勝負ができる。初先発で良く投げてくれました」と國友健一監督も高く評価する内容だった。

全日本大学野球選手権では2019年に準優勝、22年に4強の実績がある佛教大だが、至近では2季連続で優勝を逃している。捲土重来を期す中で好スタートを切ることができた。

また、佛教大は竹田 貴行外野手(4年=初芝橋本)がプロ志望届を提出する意向であることを表明。1番・中堅手として出場したこの日は4打数無安打に終わったが、首位打者に2度輝いたことがある俊足巧打の外野手だ。「他の人より足が速いので、守備範囲の広さをアピールしていきたいです」とスピードをアピールしてドラフト指名を目指している。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!