試合レポート

【関西六大学】大阪学院大 vs 神戸学院大

2023.09.10


大阪学院大が延長戦を制す!真鍋が気迫の1失点完投

<関西六大学秋季リーグ:大阪学院大2-1神戸学院大(延長10回)>◇9日◇第2節・1回戦◇ほっともっとフィールド神戸

大阪学院大が延長戦の末に神戸学院大を下した。

先手を取ったのは神戸学院大。3回に1死二塁から1番・寺﨑 元輝外野手(3年=明徳義塾)の中前適時打で1点を先制する。先発の藤井 基投手(3年=神戸国際大附)は5回まで毎回得点圏に走者を進めるも、粘りの投球で得点を与えない。尻上がりに調子を上げた藤井は6、7回を3者凡退に抑えて勢いを加速させた。

大阪学院大はもどかしい展開が続いたが、その中で藤井に負けじと粘投を見せたのが大阪学院大先発の真鍋 魁投手(4年=西条)。「あまり調子が良いとは思わなかったですけど、意外と球が走っていて、低めに投げられたのが良かったと思います」とキレのある直球をコーナーに投げ分け、4回以降は追加点を許さない。7回には自らの失策もあり、2死満塁のピンチを招いたが、見逃し三振で切り抜け、チームに流れを呼びこんだ。

すると8回、2死一、二塁から7番・𠮷岡 蒼内野手(4年=岐阜第一)の左前適時打で同点に追いつく。さらに10回には2死二塁から途中出場の八木澤 輝内野手(4年=日本航空石川)が右中間にエンタイトル適時二塁打を放って勝ち越しに成功。相手エースの藤井をマウンドから引きずり降ろした。

「粘らないといけないところで粘れた」と真鍋は10回裏も2死二塁のピンチを招いたが、最後は神戸学院大の主将・森川 凌捕手(3年=神戸国際大附)を二ゴロに打ち取りゲームセット。延長戦を制した大阪学院大が先勝した。

10回を1人で投げ抜いた真鍋は一般企業への就職が決まっており、本格的な野球はこの秋が最後となる。「1年生の頃から投げさせてもらって、チームに貢献できずにここまで来たので、自分なりに勝つことで恩返しできたらと思っています」と今季に懸ける思いを語ってくれた。野球人生最後の秋に有終の美を飾れるか。

取材=馬場 遼

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>