試合レポート

【神奈川】2回戦 慶應義塾VS舞岡

2023.09.10


慶應義塾は打線爆発!3本塁打と新チームでも強打健在!

〈神奈川県高校野球秋季県大会:慶應義塾22ー1舞岡(5回コールド)〉♢10日♢2回戦♢サーティーフォー保土ヶ谷

慶應義塾が甲子園優勝後初の公式戦に挑んだ。

今年の夏は甲子園優勝して日本一となった慶應義塾。夏までの慶應義塾は打撃が特徴の強打のイメージがあったが、新チームも強打ぶりは健在だった。

初回に1番・成戸 洋介外野手(2年)の三塁打、2番・足立 然内野手(2年)の二塁打と1、2番コンビで先制点をもぎ取る。

今夏2年生ながらチームの中心選手だった加藤 右悟捕手(2年)が新チームで主将に就任。その加藤が1打席目で3ラン本塁打を放ちチームの打線に火がついた。森林監督も「主将の加藤の一発があったので初回から打線に火がつきました」と語るように初回に4点を取り初回からペースをつかんだ。

さらに加藤は2回の2打席目でも本塁打を放ち、2打席連続で本塁打を放って見せた。

2回に6点、3回に7点、4回に5点を奪い、15安打22得点と打撃陣の活躍で初戦を5回コールドで飾った。

この日先発したのは甲子園決勝以来の公式戦のマウンドに上がった鈴木 佳門投手(2年)。森林監督は「鈴木と小宅は甲子園以来オープン戦などであまり投げさせていなかったので上手く調整できるのかは心配していましたが、良い感覚で投げられていたと思います」と称えた。

鈴木は2回を無失点。2イニングともに先頭打者に安打を許すも、後続を落ち着いて打ち取って無失点に切り抜けた。鈴木の球は甲子園より明らかに球速と球威が上がっていた。鈴木本人も「甲子園で学んだことは今の自分の力になっています」。甲子園での経験は、今後どんな成長をもたらすのか注目していきたい。

3番手としてマウンドに上がったのは2年生エースとして甲子園優勝に導いた小宅 雅己投手(2年)。4回から登板して2イニングを投げて2安打無失点と、直球主体の投球内容は悪くはなかった。しかし小宅は「オープン戦であまり投げていなかったので試合感覚がまだまだでしたし、ストレートも本調子ではなかった」と振り返っていた。

小宅、鈴木は本調子ではないとはいえ甲子園で得られた経験値は大きいと感じる。特に小宅は本調子ではない直球とはいえ、悪い感じはなかった。球持ちも良く高めに浮いてしまう球が1球もなく、逆球は1球もなかった。さらに進化した投球で神奈川を制し、神宮大会でも制することができるか。

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード