試合レポート

【宮城】1回戦 仙台商vs石巻

2023.09.12


仙台商、中軸機能し14得点 新主将の4番・郷家璃久は貫禄の5打点

<秋季東北地区高校野球宮城県大会:仙台商14-1石巻>◇12日◇1回戦◇鹿島台中央野球場

仙台商は13安打14得点と打線が爆発し、5回コールド勝ちを収める好発進を切った。初回、6番・加藤 空外野手(2年)の2点適時打などで3点を先制する。2回にも4点を奪いリードを広げると、4回は6連打などで7得点とたたみかけ試合を決めた。投げてはアンダースローの大友 光晴投手(2年)が4回1失点と試合をつくり、最終回は「背番号1」の作田 光哉投手(2年)が締めた。

新チームは経験豊富な選手が多く、中でも3番・熊坂 勇星外野手(2年)、4番・郷家 璃久内野手(2年)、5番・佐々木 康介内野手(2年)のクリーンアップは1年次からスタメンを張る。この日は熊坂が3打数3安打、郷家が2打数2安打5打点、佐々木が2打数2安打2打点と各々が期待通りの打撃を披露した。

4番の郷家は2回に2死満塁から右翼線へ走者一掃の3点適時三塁打を放ち、4回には1死二、三塁の好機でまたしても右方向への2点適時二塁打を飛ばした。「うしろにつなぐことを意識して、自分のバッティングができた」と手応え十分の2本だった。

新チーム発足後は郷家、佐々木、佐藤 志太捕手(2年)の三人が日替わりで全体練習をまとめ、今大会は下原俊介監督が「誰が見てもチームを引っ張る存在」と評する郷家を主将に据えた。

実力と実績を兼ね備える、個性の強い代なだけに、まとめるのは一苦労。郷家は「新チームになってから、みんなの向く方向がバラバラになってしまっていた。去年から試合に出ている2年生が多いにもかかわらず、みんな自分のプレーに精一杯になって周りが見えていなかった」と顧みる。それでも、東北大会出場という具体的な目標を設定してからは、少しずつ一体感が出てきた。

今夏は第2シードながら初戦で敗退。仙台城南にタイブレークの末、6対7で敗れる悔しさを味わった。「あの悔しさがあったからこそ今がある。3年生には感謝しかない。この秋、恩返しをできるよう、自覚と責任を持ってチームをまとめていきたい」と郷家。仙台商「黄金世代」の快進撃が始まろうとしている。

(取材=川浪康太郎)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>