試合レポート

【千葉】2回戦 柏南 vs 松戸馬橋

2023.09.03


柏南、代表決定戦へ!投打にポテンシャルが高い選手が多く、進化が楽しみなチーム

<第76回秋季千葉県高校野球大会予選敗者復活戦:柏南7-2松戸馬橋>◇2日◇2回戦

柏南の投打の主力が活躍を見せた。

1点を先制された柏南は1回、すぐに1死三塁のチャンスを作り、3番・廣澤 歩外野手(2年)の適時打で同点に追いつく。廣澤は「詰まった当たりでしたけど、振り切ったおかげでヒットになりました」と振り返る。

さらに2回、柏南は無死満塁から一気に畳み掛け、4点を追加し、5対1とする。

3回に1点を返されたが5回、3番・廣澤の右越え本塁打で貴重な1点を追加する。これが高校通算2本目。廣澤は「風にうまく乗ってくれたと思います」と喜んだ。

松戸中央ボーイズ出身の廣澤は、当時、目立った活躍はなく、「私学から誘われる選手ではなかったですし、全然大したことなかったです」と振り返る。それでも柏南の増田監督の方針に惹かれ、入学した廣澤はメキメキと成長。スイングもシャープで無駄がない。また外野守備も、守備範囲の広さや球際の強さが見られる。攻守ともに総合力が高く、柏南の育成環境だからこそ伸びた選手だ。

7回にも犠飛で1点を入れた柏南は、守っても3投手の継投リレー。7対2で快勝し、代表決定戦へ進出した。

投手にも好素材がいた。特に3番手の道場 崇広投手(2年)は、故障明けながら、シャープな腕の振りから繰り出す常時125キロ前後(最速126キロ)の速球は魅力的だった。スピードガンが出やすい球場では、130キロを超えてもおかしくない直球もあった。もともと主戦投手としての活躍が期待される投手。最終学年には常時130キロオーバーしてもおかしくない逸材だった。

柏南はポテンシャルが高い選手が多く、完成形が楽しみだ。投手では道場の投球が光ったが、野手では廣澤のほかに、5番に入った大前 和輝外野手(2年)も振り幅が大きいスイングで強烈な打球を飛ばす右の大砲だ。全体的に振れている選手も多く、しっかりと鍛え上げられていた。まだ連係プレーに課題が見られるが、どんな成長を見せるか楽しみだ。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.30

【センバツ4強戦力分析】昨夏の甲子園初戦敗退で「守備の星稜」へモデルチェンジ! 悲願の甲子園優勝へのカギは3,4番の復活!

2024.03.30

【長崎】創成館、長崎総合科学大附などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【大分】大分商、柳ヶ浦、藤蔭、佐伯鶴城などが8強入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【徳島】徳島商が鳴門を破って8強入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【高知】明徳義塾と高知商が30日の決勝へ<春季大会の結果>

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.24

【春季東京大会一次予選】イチローが指導した都立新宿が都大会へ進出!レジェンドの言葉「やるのは自分たちだよ」を胸に刻んで

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】