試合レポート

1回戦 都立農産 vs 国士舘

2023.09.03


〈秋季東京都高校野球大会1次予選:国士舘10ー0都立農産(5回コールド)〉♢3日♢1回戦♢国士舘

国士舘が初回から5回まで毎回得点を挙げ10対0と、幸先の良いスタートを切った。

先発・泉 勝貴投手(2年)は4回まで投げ1安打と完璧な投球を披露した。箕野監督は「泉は緩いカーブとストレートのコンビネーションで勝負するのが持ち味。いつも通りリズムの良い投球で守備から攻撃に繋げられました」と目を細めた。泉は緩いカーブと直球のコンビネーションでコントロール良く投げ、打者のタイミングを外して、打たせて取る投球に徹していた。

泉とバッテリーを組んだ武藤 翔真捕手(2年)は「新チーム初の公式戦とあって、お互いに緊張していました。しかし泉はブルペンからいつも通りの投球ができていたので、あまり心配はありませんでした」と初回を3人で抑えチームに勢いを持ち込む。武藤もそのリズムの良い泉の投球に応えるように、2回の1打席目には公式戦初となる本塁打をマーク。4対0と序盤から国士舘のペースで試合が進む。

さらに3回に2点、4回に1点、5回には3点を取った国士舘は、都立農産を相手に10対0の5回コールドで勝利を収め、17日に都大会出場をかけて國學院久我山と代表決定戦を戦うことが決まった。

国士舘の箕野監督は「代表決定戦まで2週間あるため、しっかりとコンディションを整えて次も勝てるように調整していきます」と気を引き締めていた。公式戦初の本塁打を放った武藤は「次もしっかりとバッテリーからリズムをつくり、自分達の野球をやるだけです」と秋季大会のいいスタートに満足していた。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?