試合レポート

【大学野球・関西学生野球】1回戦 立命館大vs関西学院大

2023.09.03


立命館大が快勝!ドラフト候補右腕の谷脇が6回無失点と好投

<関西学生野球秋季リーグ:立命館大7-0関西学院大>◇2日◇第1節1回戦◇わかさスタジアム京都

投打のかみ合った立命館大が先勝した。

立命館大の先発は今秋ドラフト候補右腕の谷脇 弘起投手(4年=那賀)。スライダーを武器にする投手だが、「押せるまでは真っすぐで押そうと思っていました」と140キロ台中盤の直球を軸に5回まで無安打投球。秋季リーグに向けて磨いてきたカーブやカットボールも有効に使うことができていた。

ノーヒットノーランも本人は意識していたそうだが、6回無死から初安打を打たれてしまう。その後も2安打を浴びるも無失点で凌ぎ、6回3安打無失点の好投を見せた。

「後ろの投手の調子が良いので」(後藤昇監督)と立命館大は7回からは継投策に出る。小林 大成投手(3年=八王子)、遠藤 翔海投手(2年=京都共栄)、荒井 豪太投手(3年=立命館宇治)が、いずれも1回を3者凡退に抑え、指揮官の起用に応えてみせた。

打線も8番・加藤 優翔捕手(2年=中京大中京)が2本塁打を放つなど、8安打7得点と大当たり。「ここ2、3年ではない入り」と後藤監督も絶賛するほどの快勝だった。

好投を見せた谷脇はプロ志望届を提出する予定。「プロに入るだけじゃダメだと思っている。即戦力で見てもらえるような投球をしたいです」と猛アピールを誓っている。高校時代には夏の和歌山大会の奪三振記録を作っている谷脇。今季も奪三振ショーを見せてプロ入りを大きく手繰り寄せることができるだろうか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード