試合レポート

【鹿児島】3回戦 れいめい vs 徳之島

2023.09.01

徳之島が好投手に屈す<鹿児島秋季大会>

<第153回九州地区高校野球大会鹿児島県予選:れいめい4-0徳之島>◇1日◇3回戦◇鴨池市民

れいめい谷内 秀乃介(2年)、徳之島嶺本 倫太郎(2年)、前半5回までは両右腕エースを軸に、両者好機は作りながらも堅守でしのぎ、1点を争う緊迫した展開となった。

試合が動いたのは6回、れいめいは1死一塁から1番・堀之内 瑛仁(2年)が右越え三塁打を放ち、先制すると、4番・谷口 知希(1年)も中前適時打で続き、2点を先取した。

7回には9番・前平 兼伸(2年)がスクイズを決めて3点目、8回は6番・郡田 暉心(2年)の2打席連続二塁打で4点目を挙げた。

エース谷内は尻上がりに調子を上げ、4回以降、9回2死まで1人の走者も出さず。被安打わずか3、112球で初戦の大島戦に続いて2度目の完封勝利を挙げた。

徳之島は大会屈指の好右腕・谷内の前に打線が沈黙。3季連続の8強入りを阻まれた。

谷内は最速140キロ台の球威に、スライダーのキレが抜群だった。「初回の好機を生かせず、相手を乗せてしまった」と地頭所眞人監督。1死二、三塁の場面で、2試合連続本塁打の4番・上原 龍樹(2年)という絶好の先制機だったが、1度もバットを振らせてもらえず見逃し三振。4回以降は1人の走者も出せず、9回2死から3番・久保 聖(2年)が死球で出塁したが、上原は投ゴロで打ち取られ試合終了。「制球も良くて、球にキレがあった。まだまだ実力不足。相手をほめるしかない」と脱帽する。

前チームが鹿屋中央鹿児島城西神村学園に敗れたように、今回も強豪私学のれいめいに完封負けだったが、これまでとは明らかに質の違う負け方だった。前チームの頃は圧倒的な実力差があり、加えて自分たちから崩れての大敗だったが、今回は「まだやれる!」手応えがあったと勝 亮翔主将は言う。「自分たちから崩れなくなった」(地頭所監督)のは大きな進歩。同時に、本気で甲子園を目指すなら、このレベルのチームを上回らなければならないことが肌で実感できたことが何よりの収穫だった。

「ただ打つだけではダメ。攻撃のバリエーションを増やす」必要性を勝主将は痛感した。本気で上を目指すために「このレベルの投手を打ち、このレベルの打者がいるチームも守れるチームになりたい」と上原は言う。8月21日に島を出て以来、2度の順延があり、10泊以上の長期遠征という初めての経験で貴重な体験を積んだ。この経験を来春、そして夏に生かせるかどうか、これから3月までをどう過ごすかにかかっている。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【兵庫】東洋大姫路、神戸国際大附がコールド発進<春季県大会>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?