News

佐々木麟太郎がアメリカ留学なら、真鍋、佐倉ら一塁手スラッガーにとっては追い風?

2023.09.20


真鍋慧(広陵)、佐倉侠史朗(九州国際大附)

スラッガーとして今夏甲子園で注目された花巻東(岩手)の佐々木 麟太郎内野手(3年)が、アメリカ留学プランも検討していることが報道された。進路について選択肢を広げた形の佐々木が、仮にNPBを選択しなかった場合、ドラフト戦線にはどんな影響があるのか。

佐々木同様の一塁手スラッガータイプの選手にとっては追い風になると考える。

今年は高校に一塁手スラッガーが多い。高校通算62本塁打の真鍋 慧内野手(広陵)、高校通算31本塁打の佐倉 侠史朗内野手(九州国際大付)、高校通算49本塁打の明瀬 諒介内野手(鹿児島城西)、甲子園でも本塁打を放った仲田 侑仁内野手(沖縄尚学)の4人が今年の高校生を代表するスラッガーだ。

指名する側からすれば、一塁手タイプを多数指名する必要性はなく、指名から漏れるスラッガーが出る可能性はある。しかし、佐々木がプロ志望でなかった場合、この4人のスラッガーを「佐々木の枠」として指名する選択肢をとる球団もあるのではないか。

佐々木は1位でなければ獲れない選手だった。佐々木の進路決断はNPB12球団のドラフト戦略に大きく影響を与えるだろう。そこで生きる一塁手スラッガーは出てくるのか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?