試合レポート

【神奈川】準々決勝 東海大相模VS 日大藤沢

2023.09.23


「目標は155キロ」の東海大相模・福田が、初完投初完封の9奪三振!

〈神奈川県高校野球秋季県大会:東海大相模5ー0日大藤沢〉♢23日♢準々決勝♢サーティーフォー保土ヶ谷

先発は東海大相模が福田 拓翔投手(1年)、日大藤沢が三宿 凌投手(1年)で試合が始まった。

東海大相模は2回、2死から7番・才田 和空内野手(2年)が失策で出塁し2死二塁とすると、続く8番・岡山 泰生内野手(1年)が左前適時打を放ち先制。さらに3回にも2点を取り序盤で3対0とリードした。7回、9回には1点ずつを奪い5対0で東海大相模が勝利してベスト4へとコマを進めた。

東海大相模は足を絡めての攻撃が多かった。原監督も「攻撃は足で攻めて相手を掻き回せたと思う」と常に次の塁に行こうとする姿勢が見えた。

先発した福田は初完投初完封を記録し、被安打4、奪三振は9個を記録した。

原監督が「福田が非常によく投げてくれた。球の球威、キレも良かった」と語るように日大藤沢打線を力でねじ伏せた。

縦横のスライダー、カーブ、フォークを持つ。特にスライダーが良く、場面に応じてスライダーを使い分けているという。あまりの切れの良さに、日大藤沢の右打者は福田のスライダーをよけてしまうほどだった。そのスライダーと最速148キロの直球を交ぜ合わせた配球に、打者はなかなか手が出なかった。

目標にしている選手については「(元阪神の)藤川球児さんです。投球フォームではなく、あの浮き上がる直球が目標です」と語る。

高校在学中までには「155キロを出したい」と言うが、ポテンシャル的には十分に超えると感じる。一冬を越え、春にはもっとビッグになる可能性は高い。

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>