News

甲子園優勝の慶応義塾、準優勝の仙台育英など甲子園上位校の新チームは?キーマンを紹介

2023.08.30


 今夏の甲子園では慶應義塾(神奈川)が優勝を収めた。夏の甲子園で勝ち進むと、新チームの発足から短い時間で公式戦に入るため、苦しい戦いになることが多い。しかし、そこを乗り越えたチームが、甲子園常連となってきているが、今年の夏の甲子園を盛り上げた強豪チームは慶應義塾を始め、2年生が主力となって戦ったチームが多いのが特徴でもある。

 慶應義塾は投打の主力が2年生だった。投手では145キロ右腕の小宅 雅己投手、140キロを超える大型左腕・鈴木 佳門投手の2人が残り、野手でも4番・加藤 右悟外野手と、投打の主力が残るのは大きい。秋では投手力優位な季節でもあるので、この2人で勝利に導く中で、経験が浅い野手陣の成長ができれば理想的。来年のセンバツを目指しつつも、最終的にはスケールが大きいチームになっていそうだ。

 準優勝の仙台育英(宮城)は27日に東北と対戦し、快勝を収めた。140キロ超えの投手陣が多く揃い、打線もスラッガー・鈴木 拓斗内野手(2年)や、シュアな打撃が光る湯浅 桜翼内野手(2年)ら経験者を中心に打線は強力。公式戦を積み上げて、さらに強いチームへ成長しそうだ。

 夏の甲子園ベスト4の神村学園(鹿児島)は、巧打堅守の岩下 吏久内野手(2年)、シャープな打撃が光る上川床 勇希外野手(2年)、強打者・正林 輝大外野手(2年)、大型遊撃手・今岡 拓夢内野手(1年)、打撃が良い木下 夢稀捕手(2年)が残り、左腕・今村 拓未投手(2年)も主力として期待される。

 秋初戦ではコールド勝ちを収めた。慌ただしいまま初戦を迎えたが、こういう中でもチームづくりができることに喜びを感じている様子だった。このまま勝ち進めば、甲子園常連校として、さらにステータスが上がっていくのではないか。

 夏の甲子園ベスト4の土浦日大(茨城)は、ほとんどが入れ替わりで、野手では二塁手の中本 佳吾内野手(2年)、甲子園でも本塁打を放った大井 駿一郎外野手(2年)のみ。それでも、準決勝翌日の地区予選で勝利を収め、さらに代表決定戦も勝利し、敗者復活戦に回ることなく県大会に勝ち進めたのはさすが。甲子園ベスト4のチームは下級生からの経験者が多く、勝負の年で最高の結果を残したが、土浦日大が甲子園常連校になるためにも、これからが大事な1年といえる。

 ベスト8の八戸学院光星(青森)も洗平 比呂投手(2年)、岡本 琉奨投手(2年)の140キロ超えの左腕2人いる。秋の高校野球は左腕に優位な部分があり、打線も伴えば、十分にセンバツを狙える。

 同じくベスト8の花巻東(岩手)も本格派右腕・小松 龍一投手(2年)、技巧派左腕・葛西 陸投手(2年)が残る。葛西が智辯学園(奈良)戦で好投したことは秋を見据えても大きかった。野手はほぼ入れ替わりになるが、タイプが違う2人がいることは大きい。着実なチームづくりでセンバツを狙えるチームになれるか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【奈良】天理は快勝で初戦突破、智辯学園は継続試合に<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!