Column

英明・寿賀 弘都、日大三戦の悔しさバネに勝負の夏へ

2023.07.12


それはセンバツで躍動した最速144キロ左腕にとって、にわかに信じたくない現実だった。

6月10日に日大三(西東京)を迎え開催された「令和5年度香川県高等学校野球連盟招待試合」。英明の先発マウンドに立った寿賀 弘都投手(3年)は先頭から3連続四球を与えると主将で4番の二宮 士内野手(3年)には2点打を浴び、さらに死球と適時打を打たれ1死も取れず打者6人、21球で降板。後続も打たれ失点、自責点は6で終わる。その後の打席では4打数3安打2打点と非凡なセンスは示したものの、「ドラフト候補左腕」としてのブランドは大きく後退せざるを得ないものだった。

「悔しい思いをしました」

そんな寿賀に手を差し伸べたのは香川 純平監督である。「身体を使って投げることができず、置きに行っていた」日大三戦での課題を見極めた上でランニングやブルペン投球で身体のキレを出すことをアプローチ。「練習から全力で身体を動かす」に寿賀自身も集中したことで、徐々に本来の投球が戻ってくることに。

迎えた夏。丸亀戦の8回にマウンドへ上がった寿賀は、日大三戦と同じマウンドで躍動する最速143キロの直球と120キロ台後半のスライダーで力強く3者凡退で2奪三振。さらに寿賀の姿を見た某球団スカウトが「身体のキレもあるし、投げっぷりがいい」と評したように、ねじ伏せる迫力がそこにはあった。

「チームとしても個人としてもこの夏にかけているので、一日一日を無駄にせず全力で思い切りやりたい。そうなったら道は開けてくると思います」

その道とは、宿敵・高松商を破っての12年ぶり夏甲子園。そしてかねてから「目指している」と語っている高卒プロ入りである。

 

丸亀戦の8回裏に登板し最速143キロ・1回2奪三振無失点の英明・寿賀弘都(3年)

丸亀戦では4番中堅手で先発・8回表に2点二塁打を放った英明・寿賀弘都(3年)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>