Column

ドラフト期待度ランキング2023 30位〜21位 全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出!

2023.01.04

ドラフト期待度ランキング2023 30位〜21位 全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出! | 高校野球ドットコム
山内 教輔 (東海大相模)
 

ドラフト期待度ランキング2023 30位〜21位 全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出! | 高校野球ドットコム期待度ランキング
・30位-21位
全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出!
・20位-11位
全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も!
・10位-1位
世代を代表する剛腕、スラッガーが集う中で、今年の暫定No.1になったのは?

ドラフト期待度ランキング2023 30位〜21位 全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出! | 高校野球ドットコム一覧
2023年高校生ドラフト候補リスト
2023年大学生ドラフト候補リスト
2023年社会人ドラフト候補リスト

 2023年の幕が開けた。今年も大人気企画である期待度ランキングがスタート。まずは30位から紹介する。

30位 緒方 漣内野手(横浜

高校生野手はポテンシャルの高さが評価されるが、高い守備力、意識の高さを持った選手を求める球団もある。その需要に合っているのが緒方ではないだろうか。1年夏の甲子園で1年生としては史上初のサヨナラ本塁打を放った勝負強さもある。遊撃の守備には安定感があり、プレー全体を見ると視野も広い。ドラフト的にも需要の可能性はあるだろう。

アピールポイント 高校生離れした安定した守備 視野の広さを感じさせるプレースタイル

29位 高橋 海翔内野手(山梨学院

高校通算44本塁打まで積み上げた大型スラッガー。世田谷西時代から注目されていたスラッガーだが、その素質を順調に伸ばしている。詰まってでも本塁打にできる圧倒的なパワーがある。対応力も高く、スキがない。一塁手でも欲しいと思わせる活躍を1年間続けることができるか。

アピールポイント 圧倒的な長打力と高い対応力を兼ね備えたスラッガー

28位 寿賀 弘都外野手(英明

四国大会、明治神宮大会で活躍を見せ、評価を高めた二刀流。無駄のない、力みのない構えからインパクトの瞬間まで最短で反応するような打撃フォームで次々と長打を生み出す。投手としても140キロを超える強肩を誇る。走攻守のバランスも取れており、全国大会で活躍を見せれば、高校日本代表候補の1次候補に入る可能性を持っている。

27位 鈴木 叶捕手(常葉大菊川

東海地区を代表する強打の捕手。安定したキャッチングと1.9秒台のスローイングで次々と走者を刺し、無理のない打撃スタイルで次々と長打を生み出す。総合力の高さは全国レベル。今春のセンバツ出場に前進している常葉大菊川(静岡)。評価を高めるチャンスといえる。

アピールポイント 打撃、守備ともに全国レベルの好捕手

26位 山内 教輔外野手(東海大相模

武蔵狭山ボーイズ時代から評判のスラッガー。中学時代から高速スイング、高いミート力など中学生離れしていたが、高校でも伸び悩むことなく、東海大相模(神奈川)のレギュラーを獲得し、強打、強肩を見せている。能力は申し分ない。個人的には全国大会に出て高いポテンシャルを発揮すれば、自ずと評価は上がるはず。過去に高卒からプロ入りした東海大相模出身の選手と比較しても負けていない。この1年、関東大会でも活躍し、甲子園出場に導く一打を見せることができるか。

アピールポイント もっと話題になっていい強肩強打のセンター

[page_break:25位〜21位]
ドラフト期待度ランキング2023 30位〜21位 全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出! | 高校野球ドットコム
森 煌誠(徳島商)

25位 武藤 匠海内野手(作新学院

巧打者揃いの作新学院では最も将来性が高い右の強打者。インサイドアウトのスイングで、次々と長打を記録し、安定した三塁守備も魅力。攻守の総合力は全国レベル。どんな活躍を見せるか注目が集まる。

アピールポイント 総合力の高さは全国レベルの好三塁手

24位 玉木 稜真投手(東海大星翔

全国レベルの右サイド。高校入学から一気に球速を高め、145キロを計測した。スライダーの切れ味もいい。右オーバーの本格派は多いが、サイドの本格派は希少性が高く、選出に至った。

アピールポイント 全国レベルのサイドハンド

23位 熊谷 陽輝投手(北海

183センチ、97キロと高校生トップレベルの体格をした大型右腕で、140キロ中盤の速球と精度の高い変化球を投げ分け、昨秋の全道大会では準優勝を収めた。長打力もあり、北海道を代表する二刀流。この1年、北海道の主役となれるか注目だ。

アピールポイント 北海道を代表する二刀流 北海道の主役となれば高卒プロは近づく

22位 森 煌誠投手(徳島商

今年の徳島県を代表する本格派右腕。完成度が高く、総合力の高さから考えて、23年の四国で高卒プロ入りが狙えるのは森と考える。骨格が太く、速球は威力抜群で、緩急も使える。この1年、四国No.1投手と思わせる投球ができるか注目していきたい。

アピールポイント 今年の四国No.1右腕。重量感たっぷりの速球は魅力

21位 武田 陸玖投手(山形中央

今年の東北を代表する二刀流。山形のライバル校の選手たちが「武田を打ち崩さないと甲子園にいけない」と口をそろえるほど警戒されている。140キロ中盤の速球と切れのあるスライダーで翻弄する。打撃も本塁打を放つなど、全国レベルの二刀流だ。この1年、マークする球団もあるのではないか。

アピールポイント 全国レベルの二刀流 さらに知名度アップできるか

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?