Column

北海、仙台育英、明徳義塾、健大高崎と開幕戦から名門が一挙登場!開幕日3試合の見所

2021.03.18

第1試合 北海vs神戸国際大附

北海、仙台育英、明徳義塾、健大高崎と開幕戦から名門が一挙登場!開幕日3試合の見所 | 高校野球ドットコム

 特に開幕戦は近年でも一番ともいっていいぐらいの盛り上がりといわれている理由として、どちらもプロ注目のエースを擁するところだろう。

 北海のエース・木村大成投手は左腕から最速145キロの直球、切れのあるスライダーを武器に、52.2回を投げ70奪三振、防御率0.34と圧巻の好投を見せた好投手だ。一冬超えて各校の打撃力があがるが、ひざ元のスライダーが決まった時は高確率で空振りを奪うことができる。打線は大型遊撃手・宮下朝陽は甘く入ればスタンドインできるパワーを持っており、また上位下位ともに打力が高い選手をそろえており、勢いに乗れば大量点が期待できる。

 神戸国際大附は右打者の浮上が不可欠。昨秋のスタメン9人のうち左打者が7名と左中心の打線でかなり苦労するタイプだと考えられる。右打者でミート力も長打力も兼ね備えた好捕手・西川侑志だけではなく、新戦力となる右打者の浮上が鍵となるだろう。

 神戸国際大附の145キロ右腕・阪上翔也の復活が鍵だったが、8日の佛教大戦、10日の関西国際大戦で先発するなど、投手の準備は順調に整えている。41.1回を投げ、57奪三振。打者としても高校通算17本塁打をマークする二刀流だ。近畿大会直前に肘を痛め、ノースロー調整が続いたが、回復傾向。また、140キロ左腕・楠本晴紀が浮上するなど、好投手がどんどん出ている状況だが、やはりゲームのポイントは阪上の出来次第だろう。

 両エースの持ち味を発揮できれば、2,3点の勝負。ただどちらも打球が強く、一気に波に乗れば、5点勝負になるのではないだろうか。まずは前半の攻防に注目だ。

[page_break:第2試合 仙台育英vs明徳義塾]

第2試合 仙台育英vs明徳義塾

北海、仙台育英、明徳義塾、健大高崎と開幕戦から名門が一挙登場!開幕日3試合の見所 | 高校野球ドットコム

 注目の対決となった一戦。まず仙台育英は走攻守投のバランスが突き抜けている。投手陣ではプロ注目右腕の伊藤樹がいるが、143キロ左腕の古川翼、最速144キロ右腕の松田 隆之介、140キロ超えの投手を多く揃える。打者の相性、コンディションによって先発を立てられるのが強みだ。

 また打線も強打者の吉野蓮など強打者、巧打者揃い。強力な投手陣、強力打線が目立つが、仙台育英が最も売りとするのは、9試合で32盗塁を記録した機動力だという。この機動力がしっかりとかみ合えば、明徳義塾の投手陣、守備陣を大きく崩す一因となりそうだ。

 一方で、明徳義塾はエース左腕・代木大和は高い制球力、変化球の出し入れがうまく、馬淵監督と須江監督のオンライン対談で、「右打者に対するカットボール、左打者に対する外の出し入れは高校生レベルではない。社会人レベルの賢い投手」と絶賛。また代木を盛り立てるバックの守備力の高さは出場校トップクラス。特に遊撃手の米崎 薫暉の守備は今大会の出場選手でもトップクラス。接戦に強く、勝負所の一打、守備が素晴らしい。

 個々のポテンシャルが高いだけではなく、機動力も使える仙台育英、駆け引き、接戦に強い明徳義塾明徳義塾の粘り強さが終盤まで発揮できることが、仙台育英攻略の鍵となるだろう。

 また、仙台育英明徳義塾の守備のリズムを崩せる機動力の高さがある。

 どちらがリズムをつかみ、主導権を握れるか、注目だ。

[page_break:第3試合 下関国際vs健大高崎]

第3試合 下関国際vs健大高崎

北海、仙台育英、明徳義塾、健大高崎と開幕戦から名門が一挙登場!開幕日3試合の見所 | 高校野球ドットコム

 2年生だけで通算230本塁打。高校通算37本塁打の小澤周平を筆頭にレギュラーは二桁本塁打を狙える選手が多くいる。ただその中で怖いのはバットコントロールがよい櫻井歩夢は長打力も増しており、確実に化けている。健大高崎はとられたときにどれだけ反撃ができるかにこだわって勝負強さも磨いてきた。投手陣は最速141キロ右腕の高松将斗は制球力の高さだけではなく、キレの良いスライダーも良い。また、145キロ右腕・今仲泰一は球威ある直球、スライダー、カーブ、チェンジアップも落差も鋭い。ただ、健大高崎の青柳監督は、左腕投手の金子茉宙の仕上がりが重要だと2月の取材時で語ったように、ベンチ入り。120キロ台だが、回転数が高く、金子の投球も鍵になりそうだ。

 投打ともに総合力は非常に高いチームなので、波に乗れば、一気に試合の主導権を握る爆発力を持っている。

 ただ下関国際は現在の強打志向となった健大高崎にとってはかなりいやらしいチームであることは間違いない。10試合で28盗塁。攻撃力も本塁打を打てる選手は少ないが、つながった時は止められない怖さがある。そして投手陣ではキレのある速球を投げる左腕・古賀康誠、投打ともセンス抜群の仲井慎と2年生主体だが、個々の能力は高い。

 2018年夏の甲子園ベスト8入りしたように、駆け引きが実にうまい。

 この試合、どちらが大差をつけてリードをしていてもおかしくない。健大高崎が長打攻勢から下関国際の選手たちのペースを乱し、一気に試合の主導権を握るか。それとも下関国際がお家芸の機動力でかき回し、集中打で得点を重ねるか。いずれにしろ、序盤からの攻防から見逃せない。

関連記事
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.03

【春季東京都大会シード校一覧】3月3日に一次予選抽選会 昨秋は「西高東低」、一次予選敗退・帝京の奮起に期待!

2024.03.03

明治神宮大会4強・富士大が新入生発表! センバツV貢献・山梨学院外野手、龍谷大平安・浦和学院の大型投手など加入!

2024.03.03

【東京】予選から出場の帝京は目黒日大と対戦、國學院久我山と共栄学園が都大会初戦で激突する可能性も!<春季大会1次予選、都大会組み合わせ>

2024.03.02

広陵のボンズ・真鍋慧が入学決定で大阪商業大打線がエグいことに! プロ注スラッガー・渡部らと強力打線形成なるか?

2024.02.26

北陸の雄・金沢学院大学の新入生の経歴がすごい!U-18代表一次候補右腕、甲子園ベスト4の主将、甲子園ベスト8捕手などが入部!

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.03.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.29

ドラフト指名漏れの大学生外野手、智辯学園出身の強打者などが日本選手権4回出場のニチダイに入部!

2024.02.26

中央大、慶應義塾大の注目ルーキーたちが早くも活躍!慶應義塾出身の丸田、仙台育英出身の橋本のU-18代表コンビが実力を発揮!【薩摩おいどんカップ】

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!