Column

神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】

2020.01.08

 2019年11月3日、帝京日大三の試合を最後に幕を下ろした[stadium]神宮第二球場[/stadium]。東京の高校野球を支え続けた球場が終わりを告げたが、今回はそんな[stadium]神宮第二球場[/stadium]にスポットを当てて、その特徴や東京担当・大島裕史の[stadium]神宮第二球場[/stadium]への思い出、さらには監督たちの言葉を交えながら振り返っていく。

東京砂漠のような異空間

神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】 | 高校野球ドットコム
神宮第二最後の日に行われたセレモニーの様子

 2020年が幕を開けた。今年の東京の高校球界は、「ジンニ(神2)ロス」を感じることになるだろう。
 両翼91メートル、中堅116メートルと狭く、老朽化して痛みも激しい。[stadium]神宮第二球場[/stadium]は問題の多い球場だったが、交通の便もよく、選手とスタンドが近く、独特の雰囲気があり、高校野球ファンに親しまれた。

 私が初めてこの球場を訪れたのは中学2年の秋で、1975年の明治神宮大会であった。この年の夏に父親の仕事の関係で滋賀県大津市から東京に引っ越していた私は、大津市で慣れ親しんできた比叡山作新学院と対戦すると知り、ワクワクしてこの球場に来た。

 しかし球場をみたカルチャーショックが大きく、試合内容はほとんど覚えていない。一塁側にはゴルフ練習場があり、高いネットに囲まれている。それに当時のグラウンドは、外野まで黒い土で、まるで「東京砂漠」のようだった。東京の高校生は、すごい球場で試合をしている、という第一印象は強烈だった。

 日大二の田中吉樹監督は、当時同校の外野手だった。「つむじ風がすごく、砂ぼこりが舞って、試合がよく中断しました」と、当時を振り返る。

 私が東京のチームの試合を初めて観たのは、翌年の春季都大会の準々決勝、桜美林早稲田実の試合だった。桜美林はその年の夏の甲子園で全国制覇を果たし、2年生が多かった早稲田実は、翌年の春と夏の甲子園で準々決勝に進出している。したがって、非常にレベルの高い試合であったが、観客は多くなった。

 当時、東京の高校野球人気はそれほど高くなかった。それでも桜美林の全国制覇は、東京の高校野球人気の起爆剤になった。

 当時の東京の高校球界は、甲子園は私立の強豪校が目指すもので、都立校は蚊帳の外にあった。しかし「甲子園の心を求めて」の著書で全国的に知られていた佐藤道輔監督率いる都立東大和が、78年の春季都大会で準優勝。甲子園を狙える都立校の出現に、[stadium]神宮第二球場[/stadium]も沸いていた。

 さらに1年生の荒木大輔を擁する早稲田実が、80年の夏の甲子園で準優勝したことで、東京の高校野球人気は、一気に高まった。

[page_break:高校野球と大学野球が同時に観られる特別エリア]

高校野球と大学野球が同時に観られる特別エリア

 [stadium]神宮第二球場[/stadium]の魅力の一つが、隣の神宮球場と掛け持ちができることだ。春と秋の大会では、東京六大学野球との掛け持ちになる。

 大学野球も高校野球も観たい人にとっては、[stadium]神宮第二球場[/stadium]の2階席最上段の、一塁寄りのエリアは、最高であった。後にロープが張られ、入ることができなくなったが、このエリア目当ての観客も多かった。

 逆に[stadium]神宮球場[/stadium]から[stadium]第二球場[/stadium]を観た時、最上段のエリアから人がいなくなると、第二球場の試合が終わったことを、知ることができた。

 夏の大会では、[stadium]神宮球場[/stadium]も第二球場も、高校野球をしているが、プロ野球併用日などで[stadium]神宮球場[/stadium]の試合が早く終わると、第二球場の切符売り場に列ができることも多かった。

 プロ野球のスカウトやスポーツ紙の記者なども、両球場を掛け持ちする人が多かった。掛け持ちというと、響きが良くないかもしれないが、選手にとっては、人も目に触れる機会が増えるというメリットは大きい。

 今回はここまで。次回は[stadium]神宮第二球場[/stadium]でプレーした名選手たちや、今後のことを中心に見ていきます。次回もお楽しみに!⇒(後編を読む)

(文=大島 裕史

神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】 | 高校野球ドットコム関連記事はこちらから!

バックナンバー 東京の高校野球 記事一覧【コラム】

神宮第二球場最後の試合、帝京vs日大三こそ2019年のベストゲームだった

2020年の東京都高校野球を占う

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.21

準硬式の球春到来を告げる関東大会!連覇狙う帝京大、名門・中央大が軸 シード校に喰ってかかる4校も注目<田中裕毅の”準硬ドットコム”第8回>

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

ヤクルト1位・西舘を輩出した専修大が卒業生の進路を発表!指名漏れ外野手はヤマハ、神宮大会優勝経験のアンダースローは軟式転向!

2024.02.21

【三重】三重の初戦の相手は?<春季大会南地区予選組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!