目次

[1]二松学舎大附、関東一に試練の夏/球数制限の影響
[2]東東京は帝京中心の展開か?/西は国士舘を中心に混戦模様

 2019年も選手権に出場した関東一がベスト8に進出するなど、毎年上位に食い込む強さを見せる東京の高校野球。2020年は東京でオリンピックが開かれることもあり、時期が被る選手権の東京都予選は例年とは違った状況になりそうだ。また、神宮第二球場を使用することが出来なくなり、2020年の東京の高校野球展望は混迷を極めることになりそうだ。そんなオリンピックイヤーの東京の高校野球を戦力、球場などの面から分析する。

二松学舎大附、関東一に試練の夏


 いよいよ東京オリンピックイヤーの2020年が始まる。2020年は、長年東京の高校野球に関わってきた人にとっても、いつもと違う年になる。

 まず大きな変化は、神宮第二球場が使えなくなったことだ。春と秋は大会本部として、主要試合の多くが、この球場で行われた。交通の便が良く、東西どちらかもアクセスしやすい神宮第二球場が使えないことで、多摩地区の球場での試合が増え、東側のチームは、移動距離が長くなるケースが多くなる。

 それは夏の大会で、より顕著になる。東京オリンピックは7月24日から8月9日までだが、7月10日には東京で聖火リレーが始まり、本格的なオリンピック体制に入っていく。これは、夏の東西東京大会の時期とほぼ重なる。

 オリンピックが始まると、試合会場までどう移動するかが問題になる。オリンピックの選手村や競技会場、羽田空港や成田空港につながる道路は、交通規制になる可能性がある。電車で移動をするにしても、バット、ヘルメットなど荷物が多いため、時間とコースは考える必要がある。オリンピックの場合、午前中から夜まで、様々な会場で競技が行われるため、人の流れが読みにくいのも悩ましいところだ。

 夏の大会で神宮球場が使えるのは、開会式とその翌日だけ。野球・ソフトボールの公式練習会場である大田スタジアムも13日までしか使えないし、その他にも不確定要素がある。

 都営駒沢球場も世田谷区にあるので、7月半ば以降は、東の地域にある球場は江戸川区球場だけになる。

 この影響を一番受けるのは、千葉県を拠点とする二松学舎大附関東一だ。修徳都立城東など、都県境や東京の東側にある学校は、江戸川区球場で試合をする時以外は、都心を通らなければならないので、移動の仕方は考える必要がある。

 逆に東東京でありながら、練習拠点は多摩地域にある堀越東亜学園明大中野といった中野区勢や岩倉などには地の利がある。

 もっとも、8月1日にはベスト4が決まっていなければならず、7月下旬はスケジュールに余裕を持たせるはずなので、影響がどこまで出るかは不明な点も多い。

球数制限の影響

 神宮球場は使えないが、準決勝、決勝は東京ドームで行われる。昼間はより白が目立つ天井や、高いフェンスなどには、対応しなければならない。それでも、東京ドームで高校野球が行われるのは初めてのことで、歴史的な一戦になる。

 投手の球数制限は、東京の場合、雨天中止などが相次ぎ、スケジュールが詰まらない限り、問題になるケースは少ないのではないか。ただ春季都大会の1回戦から3回戦は、1週間の間で行われる。500球の球数制限だと、1試合当たり、166球は投げられるので、それほど影響はないはずだ。しかしながら、延長戦や、試合途中の中止などがあると、500球に達する可能性がある。いずれにしても、勝ち進むには、複数の投手を擁した方がいいのは確かだ。