News

近畿大会準優勝を果たした大阪桐蔭の軌跡。チームがまとまりだしたのは履正社戦の直前!

2019.12.19

近畿大会準優勝を果たした大阪桐蔭の軌跡。チームがまとまりだしたのは履正社戦の直前! | 高校野球ドットコム
西谷浩一監督

 12月中旬、2年ぶりの選抜出場の可能性が高い大阪桐蔭は強化練習期間に臨んでいる。

 今年は2011年以来となる春夏連続で甲子園出場なしに終わり、3季連続出場なしはあってはならないという思いでスタートした。その中で、チームメイトから信頼も厚い薮井駿之裕が主将に就任した。ただ最初は「2年生23人の我が強く、まとめるのに苦労した」と振り返る。そんな2年生たちがまとまったのは大阪府大会準決勝を勝ち抜き、決勝戦まで1週間空いた平日のこと。相手が履正社に勝つために2年生たちが夜遅くまで話し合ったという。薮井主将は「それぞれが相手エースの岩崎君を打つためにどうすればいいのか、話し合うようになりました。初めてのことで、ようやくまとまってきた感じがあります」
 それから大事な試合があれば、勝つためには何をすればいいか話し合った。近畿大会では明石商智辯学園を破って決勝戦まで勝ち上がったのは偶然ではない。

 近畿大会終了後、それまで試合に出場していない選手を中心に育成試合と銘打ち、近隣の学校の練習試合や、紅白戦を計24試合、また12月も紅白戦5試合を行い、激しい競争が行われている。

 西谷浩一監督も「それまで試合に出ていない選手も成長しており、競争は激化しており、メンバーが変わる可能性は大きくあります」とチームの成長に手ごたえを感じており、選抜出場が決まれば、2月にメンバー登録が行われるが、それまで激しい争いになると明言した。

 取材日ではけが人以外の全部員が効率よく技術練習、トレーニングに没頭。平等な練習を行わせ、レベルアップを図る大阪桐蔭。秋でも強さを見せていたが、春はさらにパワーアップした姿を見せてくれそうだ。

関連記事
「大阪桐蔭を倒せないと全国優勝もできない」履正社主将・関本勇輔が宿敵対決を前に意気込みを語る!
門馬監督、西谷監督など甲子園優勝経験者が4人!選手も指導者も人材豊富な1969年世代
全日本大学代表候補合宿は4人の大阪桐蔭OBに注目!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】