Interview

石川ミリオンスターズ 吉田 えり投手インタビュー【後編】「ナックルボーラーの険しさは高い山に登るに等しい」

2015.01.21

 ルートインBCリーグ・石川ミリオンスターズ所属の吉田 えり投手。その公式ブログの日記には最後に必ずこう記されている。

「目指せ!!ナックルボーラー!!」

 では、吉田選手にとって「究極のナックルボーラー」とはいかなるものなのか?ナックルボールとの出会いについてが中心となった前編に引き続き、後編ではここまでの道のり、さらには今後の抱負についても語って頂いた。

究極のナックルボーラーへの道 その1 ナックルだけで打者を抑える方法

 ナックルボールの長所である「無回転」と、投手にとって不可欠である「コントロール」のバランスをいかにとっていくか。その返答は、ナックルを生かす配球に関して話をきいた際に生まれた。

オーバーでのリリースを説明する吉田えり投手
(石川ミリオンスターズ)

「ナックルを生かす他の球種はありません。今はナックルボール以外の球種は考えていません。実際、メジャーで投げているナックルボーラーは、試合で投げる球の9割以上がナックルボールなんですよ。
なぜかというと、ナックルボールは投げ方も他の球種とは全く違いますし、無回転でどこにいくか全くわからない球。だから打者に球種が知られていても抑えられるんですよ。いかに、真ん中にいいナックルが投げられるかだけが勝負ですね」

 驚きである。ナックルボーラーはナックルボールしか使わない。打者は球種がわかっていても打てない。そこにナックルボールが魔球と言われる理由があるようだ。そして、このナックルボールを有効に使うためにはさらなる工夫があった。

「ウェイクフィールド投手が勝てるのは、コントロールも、精度も兼ね備えたナックルだということだけではありません。投球フォームもカギを握っています。開きが抑えられて、出所が分かりにくい。そして、フォームも、長く足を上げたり、クイックをして投げています。また1球ごとの間合いを変えたりと、フォームの緩急もつけることができれば、打者はタイミングが取りづらいですし、より打つのが難しくなると思います」

 フォームの緩急。間合いの緩急を自由につける。これこそが「究極のナックルボーラー」への第一歩なのだ。

このページのトップへ

[page_break:究極のナックルボーラーへの道 その2 / 8年かけて完成度はまだ60% 難しさの先にある喜びと栄誉]

究極のナックルボーラーへの道 その2 ランナー対策と気候を読め

 ランナーがいない時には大いに威力を発揮できるナックルボーラー。だが、その一方で共通の悩みもある。ランナーを背負った時である。
「ナックルは球速も遅いのですぐ走られます。そういうときも、ランナーが走り出すタイミングを取りにくいようなクイックで投げるように心がけています」

 他にもある。屋外での開催で外野手が特に気を付けることは、「風」。これもナックルボーラーが常に気を遣う事柄だ。
「追い風だとダメなんですよ。そのまま風にのっていっちゃうんで、変化する前にキャッチャーに届いてしまうんです。逆に向かい風だと、空気抵抗があって、より変化しますね。さらに気圧、湿度、標高によっても変化は変わってきますね」

 クイックを備え、天候への理解も深める。不規則性が高いナックルボールを操る究極のナックルボーラーは、全ての状況を把握できる「精密機械」でなければならない。

8年かけて完成度はまだ60% 難しさの先にある喜びと栄誉

 それでは、現在の吉田選手はナックルボーラーとしてどれほどの完成度なのだろうか?本人の自己採点は厳しい。

吉田 えり投手(石川ミリオンスターズ)

「中学3年生の時からひたすらナックルを投げ続け、試行錯誤を繰り返した結果、1年くらいでサイドハンドから無回転のナックルを投げられるようになりました。でも、投げ始めて8年が経っても現段階での完成度は60パーセントくらい。まだまだ無回転になる確率や、コントロールが課題となっています」

 改めてナックルボールの難しさが伺えるコメントだ。それでも、「今年で石川ミリオンスターズに入って3年目になるんですけど、まだ1勝もしていないので、まずは1勝を目指します。また、石川からさらに上に行けるように頑張っていきたいです」と抱負を語る吉田選手の表情からは、究極のナックルボーラーを目指す強い思いが感じられる。

そして、吉田選手は最後に
「やることはしっかりやること。また、一番怖いのはケガなのでケアだけは大切にしてほしい。いつ上手くなるかはわからないので、本当に1日1日を大切にして欲しいです。そして、野球はチーム競技なので、仲間とのコミュニケーションを大切にして、いい野球シーズンを送ってほしいです!」と、高校球児へ向けて熱い気持ちを寄せてくれた。

 ちなみに、登山家は登る山が険しければ険しいほど、高ければ高いほど征服したときの喜びは大きいという。
それになぞらえれば、常に変化するナックルボールは正に山と同じ。その困難さを超えたときの喜びをつかむため。吉田 えり投手は、女性投手という範疇を超えた「日本初となる究極のナックルボーラー」という前人未到の頂を極める戦いに挑む。

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.22

【センバツ出場32校紹介】30歳の青年監督とともに九州初優勝、熊本国府が「由伸投法」右腕とトルネード左腕を擁して初聖地挑む

2024.02.22

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.22

専修大に名門校主力が一挙入学!仙台育英準優勝二塁手、大阪桐蔭の2番打者と140キロ右腕、MLB選手の息子ら豪華絢爛!

2024.02.22

伝統校・静岡 夏秋ともに初戦敗退も、法政大に完封勝利で春の逆襲へ!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!