試合レポート

星城vs名古屋

2010.07.18

2010年07月17日 豊田市運動公園野球場

星城vs名古屋

2010年夏の大会 第92回愛知県大会 1回戦

一覧へ戻る

星城・山本

2年生好投手擁する星城が大苦戦

「初戦を勝ち上がれば星城×刈谷の好カードが2回戦で実現」。
組み合わせ抽選時から、そんな見方で紹介されてきた愛知大会Cブロック。だが、その星城が、2回戦に進むどころか、あわや1回戦で敗れ去るかの大苦戦を強いられた。

初回に1点を先制するも、チャンスでタイムリーを放つ名古屋打線はしぶとく、6回を終わって2-5と劣勢一方。それでも、星城サイドにはまだ余裕があるように見えた。だが、7回裏、8回裏とランナーは出るのに、走塁ミスやゲッツーで無得点。それでも、まだ星城の選手たちは悠長というか、切迫感がないように映る。

・・・大丈夫か!?あと1イニングで夏が終わるかもしれないんだよ?
と、筆者は心の中でヤキモキしながら見ていたところに、星城は9回表に痛恨の失点。
2-6と、ビハインドがさらに広がった。

星城負けるわ・・・。

だが、万事休すかと思われた9回裏になって、ようやく星城が必死になった。ベンチの控え部員全員が最前列に並んで声を出し、スタンドの応援団も心から祈るような雰囲気に変わったのだ。
そして、犠飛やタイムリーで4点を返し、最後の最後で同点に追いついた。

その必死さを、初回から出していてば、もっと楽な試合になっただろうに・・・。
なんて言っては、失礼かもしれないが、追い詰められないとやる気が起きない人(8月29日頃から夏休みの宿題を一気に片付け出す学生のような)を見るようなもどかしさを筆者は感じてしまったのも事実。選手らは「4点差でも負けるというムードはなかった」と言うけれども。

とはいえ、4点差を追いついた9回裏の星城ベンチの盛り上がりは、見ているこっちの気分まで高揚させてくれた。
凡打をしたら限りなく敗戦に近づく場面で、タイムリーを打った池田大、菊池勇志。この場面でよく打てるな~、と頭が下がる。筆者がその立場だったら、絶対に打てない。

***

筆者がこの試合を訪れたそもそもの目的は、星城の2年生投手2人を見るためだった。
先発した山本健太郎は、3イニングスを投げて降板。その間、相手の打順を2巡させるなど、苦労しているようにも見えたが、「ヒジのケガで最近まで投げられず、ほぼ“ぶっつけ本番”でこの試合に臨んだ。久々の割には結構投げられた方だと思います」と、チームの勝利もあって表情は暗くない。ゆっくりとしたフォームからクロスに踏み込んで、快活に腕を振ってキレのある快速球を投げていた。

一方、最速145キロの木原立遥は登板が無く、代打で出場してセンターの守備に入った。だが9回表にハーフライナーを後逸し(記録はヒット)、走者を生還させてしまう手痛いミスも。「あまりセンターの練習はしていなかったのですが・・・チームに申し訳ない気持ちでいっぱいだった」と反省するが、そういう苦い体験も糧にして、本職の投手業で大きく羽ばたいてほしい逸材だ。

***

星城を追いつめた名古屋は「敢闘」という言葉がぴったりの、すばらしい試合を見せてくれた。
エース鈴木駿は、小柄な左腕。ゆるいボールを織り交ぜた投球で、星城打線に凡打の山を築かせた。中でも感心したシーンは、5-2とリードした7回裏の投球だ。先頭打者に対してカウントを0-3とするも、そこから2-3に立て直して三塁ファールフライ。続く打者もカウント0-2から2-2にしてセカンドフライ。星城打線も4巡目に差し掛かり、そろそろ投手のスタミナも切れて苦しくなってくる頃かな、という筆者の予想に反して、7回裏、8回裏を無得点で乗り切った。最終的に、9回裏に4点を失ってリードを守り切れなかったが、それまでの投球は心を打った。

打者では、ボールを柔らかく包み込むような巧みなミートで、1番彦坂崇仁が4打数4安打1四球の大活躍。投球にヒザで対応でき、体の返しが絶妙な美しいスイングをする6番塩原翔一も好打者だと感じた(それだけに、延長戦での2打席凡退は悔やまれるが)。

(文=尾関 雄一朗


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード