2010年03月31日 阪神甲子園球場 

日大三(東京)vs敦賀気比(北信越)

2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   


試合中の一つのプレー・瞬間のジャッジで大きく結果が変わってくるのが野球である。
今大会、松倉雄太が試合を決定づける「勝負の瞬間」を検証する。


大差につながったもの



  終わってみれば思わぬ大差になった。 敦賀気比日大三 、両校のここまでの戦いぶりを見る限り、今日のような力の差は感じられない。ではなぜ10点もの差がついてしまったのか。

 試合前、 敦賀気比 の捕手・久保祐太(3年)はこう話していた。 
 「日大三の打線は強力。でも、1回戦の 天理 や2回戦の 花咲徳栄 と比べるとやりやすいと思う。中軸はヘッドが下がり気味でバットをふるので、そこをうまく利用したい」。

 ところが試合が始まると久保は思い知らされた。「バットの振り速く、打球が鋭い」。その思いが野手に伝染し、動きが鈍くなった。打球への反応、1歩目のスタートが遅れるケースが目立ち、送球もやや乱れる。1つ分、余計に進塁を許す場面が何度かあった。

 「試合に入ってから、相手打者を見て守備位置などをきっちり指示する余裕がなかった」と項垂れた久保。

 加えて 敦賀気比 にとって苦しかったのは、1回戦で好投した左腕・高原悠介(3年)が脇腹痛で登板できなかったこと。エース・大久保貴司(3年)をはじめ、残りの3投手はいずれも右オーバーハンドの本格派。タイプが良く似ているだけに、日大三打線も的を絞りやすかった。

 「ウチは右オーバーハンドの投手の方が良い」と話したのは日大三の主将・大塚和貴(3年)。

 ビックイニングとなった3回で、戦意を喪失しかけた 敦賀気比 打線は、日大三のエース・山崎 福也(3年)を完全に乗せてしまう。終わってみればわずかに3安打。

 野球は相撲と同じタテ文字のスポーツ。相手がいないと成り立たないし、相性が大事。そういう点で見れば、この日の 敦賀気比 にとって日大三は組むと相性が悪かったということ。それが実力以上の得点差に繋がったと感じる。

(文=松倉雄太

【関連ニュース】
■ 準々決勝 広陵(中国)vs中京大中京(東海)
■ 準々決勝 興南(九州)vs帝京(東京)
■ 準々決勝 大垣日大(東海)vs北照(北海道) )

【選抜大会特集】
■ 日大三(データ)
■ 敦賀気比(データ)




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立豊多摩健闘!日大三、飯村の2ランなどで突き放すも不完全燃焼!2試合を徹底レポート【西東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
日大三vs都立豊多摩【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
東では帝京、城東がコールド発進、西は国士舘、日大三がベスト16入り【選手権東西東京大会・16日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第731回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.8「川畑大地、日置航」【ドラフト特集】
第719回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第705回 本命不在の参加校数最多の東東京を制するチームは!【大会展望・総括コラム】
第718回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs常総学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第693回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
敦賀気比 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
第82回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る