首都大学野球リーグで投球数ガイドラインを導入

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.03.02

 日本体育大、筑波大、東海大などが加盟する首都大学野球連盟は昨日、今春のリーグ戦日程を発表しましたが、同時に今シーズンから投手の故障を予防するために『投球数ガイドライン』を導入するとも発表しました。

 ガイドラインは以下の通りになります。

① 先発1戦目は投球数を制限しない。
② 2戦目は投球数を50球までとする。ただし、投球中に50球を超えた場合は、イニング終了までの投球を可能とする。
③ 1戦目で120球以下だった場合は、連投を妨げない。
④ 雨天等で1日空けた場合は、制限を設けない。

 首都大学野球連盟では「医科学専門プロジェクトチーム」を立ち上げて、2012年秋から全チームのリーグ戦投球数を調査してきました。今回のガイドラインは違反しても罰則規定は設けず、提言として運用するとのことです。

 昨今、高校野球を含めて各団体で投球制限を設けたらどうかという話は出ています。実際に指導者の方にお話を伺っても、その苦悩を語る方もいます。高校ほど話題にはなりませんが、戦力が拮抗した大学のリーグ戦では、延長戦が多くなってしまって2カ月近くある1シーズンの投球数が1000球を超える投手も時々出ます。もし春と秋の2シーズンで2000球近く投げる可能性があるかもしれないと考えると・・・

 実は高校以上に大学の方が投手の登板過多という点では深刻に考えなければいけないこともあるのかもしれません。

 ただ、1試合の中で投球数を制限してしまうと、野球というスポーツは1イニングで制限数を超えてしまう可能性があります。(確率は低いかもしれませんが、可能性は0ではありません)

 今回の首都大学野球連盟はそうではなくて、連日の試合になった場合、その1戦目の投球数に着目して2戦目になる試合で投球数に制限を設けるガイドラインを作りました。これは全国の26連盟ある大学リーグの中でも初めてのニュースです。

 今後このシステムに着目してくる大学リーグがあるかもしれません。初めてのことでどんな結果になるかはまだわかりませんが、注目して見ていきたいですね。

 ただし、2戦先勝で勝ち点を得られる方式のリーグ戦(首都大学野球2部は勝率方式のリーグ戦)と、トーナメント戦ではまた違った要素があります。トーナメントで運用するにはまだまだ慎重に検討を重ねる必要があると思いますので、「高野連もすぐに導入すべきだ」という風潮だけにしないようには気をつけたいものだと考えます。ただ、一つのきっかけになれば、また野球界は一歩前進するのではないかとも思います。

 今シーズンは日本体育大の松本 航投手(明石商)、東妻 勇輔投手(智辯和歌山)、東海大の青島 凌也投手(東海大相模)などドラフト候補が多い首都大学リーグ。開幕は4月1日です。

関連記事
● 桐蔭横浜大(神奈川)齊藤 博久監督「選手主体のゲームプラン作り」【前編】
● 大学野球選手権を通して再考したい休養日について
● 大学選手権とプロ野球の日程に見える因果関係!?
● 今からでも間に合う!東京六大学野球の楽しみ方

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
大学野球のリーグ戦も各地で開幕 【ニュース - その他】
【セルフコンディショニングのススメ 】硬式ボールと軟式ボールの違い 【ニュース - コラム】
第91回 硬式ボールと軟式ボールの違い【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
【ドラフト2013】 「日本を代表するプレーヤーに」 横田慎太郎(鹿実高)、阪神2位指名!二木(鹿情報高→ロッテ)、福倉(第一工大→西武)も
次の記事:
愛媛県の組み合わせ決定!聖カタリナ学園、松山聖陵など注目校の初戦は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る