なぜ冷湿布はアイシングの代わりにはならないの?

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.02.21

冷湿布はアイシングの代わりにはならない

冷湿布と氷などで冷やすRICE処置は違うことを理解しよう

 急にケガをしたときやデッドボールなどでボールが当たったとき、投げ終わったあとに肩や肘に疲労や痛みなどを感じるときに、「RICE処置」という患部を氷などで冷やす応急処置を行うことは、以前よりもよく知られるようになりました。RICEとは基本的な4つの対応法を理解しやすく覚えるために、英語の頭文字をもじったもので、安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)の4つを表します。

 痛みを感じる部位がある場合は、まず患部の炎症をとるためのRICE処置を行うよう指導します。ところが氷をビニール袋に入れて準備するのが意外と面倒だったりすると、冷たい湿布を患部に貼って「アイシング代わり」にしている選手も少なくありません。「アイシング」と「冷湿布」はともに皮膚が冷たくなる感覚がするため、同じように考えているかもしれませんが、患部の組織を冷やして炎症を抑えようとするためには「冷湿布」では不十分です。

 たとえば缶ジュースなどを冷やそうとするときに、缶の表面に冷湿布を貼るとジュースそのものが冷たくなることはあまり期待できませんよね?これと同じことがコールドスプレーにも言えると思います。コールドスプレーを患部に吹きかけて冷やすのは一時的な対処法であり、患部の炎症を抑える効果はほとんどないと考えられています。

 RICE処置を行うことによって患部付近の血管を収縮させて出血(内出血)を抑え、傷ついていない他の細胞がケガなどによる炎症の影響を受けないように守ることを目的としています。また皮膚から脳へと伝達される感覚は「冷たい」「痛い」を同時に伝えないため、一時的に痛みを感じにくくなります。また痛みを感じていると患部付近の筋肉はどうしても緊張状態になりがちですが、痛みを感じなければ筋肉の緊張は和らぐので必要以上に筋肉がかたくなってしまうことも防ぐことができると考えられます。

 冷湿布は皮膚から吸収される消炎鎮痛剤(炎症を抑えて痛みをやわらげる効果をねらったもの)やメンソールなど冷たく感じる成分が含まれており、ドラッグストアなどで手軽に購入できるため、捻挫や打撲などに使いやすいと思います。薬剤師さんや病院で処方してもらった場合には医師にしっかりと説明を受けた上で、上手に使い分けるようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
備えあれば憂いなし!ケガへの対応は揃っていますか? 【ニュース - コラム】
第174回 備えあれば憂いなしの救急箱【セルフコンディショニングのススメ】
患部を冷やすときと温めるときのタイミングを教えます! 【ニュース - その他】
第159回 あせりは禁物!ケガからの復帰に向けて覚えておきたい心構え【セルフコンディショニングのススメ】
第147回 足首の不安感をサポートする【セルフコンディショニングのススメ】
第146回 病院の選択や受診時の準備【セルフコンディショニングのススメ】
第145回 ケガからの早期復帰に欠かせない食事【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
【僕らの熱い夏2014 第33回】県立いわき光洋高等学校(福島)
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る