センバツではここにも注目!甲子園のベンチが変わった!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.03.04

 今シーズンから阪神甲子園球場で変わった点があります。それがベンチ。

 これまで2列でしたが、その前にメジャー式の座席バーが設けられました。

 これは、プロ野球で「(ベンチから三塁コーチに伝達する)」サインが見えにくい」という阪神タイガース首脳陣からの要望に球場側が応えた形です。イメージとしては、マツダスタジアムナゴヤドームZOZOマリンスタジアムです。テレビ中継で見覚えのある方もいるでしょう。

 当然、高校野球でも甲子園のベンチを使います。果たしてベンチの雰囲気がどんな風に変わるのか。3月23日開幕の選抜を楽しみにしましょう。

 甲子園では来週からオープン戦が始まりますので選抜より前にテレビ中継などでご覧になれます。またスタジアムツアーでもベンチ近くまで行けることがありますので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事
● 全国大会はなぜ甲子園だけで行われるの?複数会場での同時期開催はだめ?
● 第90回センバツ逸材投手【東日本編】ガイドブック
● 第90回センバツ逸材投手【西日本編】ガイドブック
● 第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック
● 第90回センバツ逸材野手【西日本編】ガイドブック
● 根尾昂(大阪桐蔭)【前編】春の栄冠・夏の反省・秋への具現化
● 濱田 太貴(明豊)ミレニアム年代の主砲が語る「理詰めの長打論」

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
延長タイブレーク、大事なのは監督が楽しむメンタルを持つこと 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園のバックネットが変わった!でもどう変わったの? 【ニュース - 高校野球関連】
第45回 甲子園『安』上がり観戦術【高校野球コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
海星は秋11試合、10試合が二桁安打!この打撃を維持できるか?【選抜出場校徹底分析】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る