第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手2013年10月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校通算37本塁打のバッティングのポイント
[2]U18で対応した木製バットでの打法/捕手としての素質を魅せた甲子園でのプレー
[3]甲子園でみせたウォーキングバッティング/憧れの選手は小久保裕紀選手


1次ラウンド 台湾戦(4番・DH)  4打数2安打
1次ラウンド メキシコ戦(4番・DH→三塁)4打数1安打
1次ラウンド ベネズエラ戦(4番・DH→一塁)4打数0安打
1次ラウンド チェコ戦(4番・三塁→一塁)4打数1安打1打点
1次ラウンド カナダ戦(4番・DH) 3打数0安打1打点
2次ラウンド 韓国戦(4番・DH)  4打数3安打
2次ラウンド キューバ戦(4番・DH)4打数2安打
2次ラウンド アメリカ戦(4番・一塁)4打数1安打3打点
決勝     アメリカ戦(4番・DH)4打数1安打

 以上は選手権のあとに行われた「18U世界野球選手権」の成績で、通算では35打数11安打と当たり打率.314、5打点と日本の準優勝に大きく貢献した。
 タイミング、引き手・利き手、金属・木製など話題はバッティング技術のさまざまな面に展開し、そのつど的確に話を返してくれた右のスラッガー。内面の充実こそこの選手の最大の魅力なのだと知ることができた。

高校通算37本塁打のバッティングのポイント

――小学生や中学時代の内田くんは、どんな選手だったのですか?

内田 小学校のときはホームランを打っていなくて、打ち出したのは中学校になってからです。

――ホームランの魅力にとりつかれたのはいつぐらいから?

内田 人より体が大きかったので、体を生かしたバッティングというか、野球を始めてやっぱりホームランを打ちたいというのはありました。

――小・中学校のときは何センチぐらいあったんですか。

内田 小学校の時は、170cmぐらいで、中学の時は180cmです。

――やっぱり最初から大きかったんだ。体重は?

内田 実は高校入学当初は太っていたんです。常総に入って10kg近くやせて、そこから筋肉をつけて身体を大きくしていきました。

9月のU18で活躍した内田選手(常総学院)

――太って、やせて、また太って、というのは理想ですよ。高校通算ホームランは何本ですか?

内田 37本です。1年春からベンチ入りさせてもらったんですけど、最初は軟式あがりということで芯に当てるのが難しかったですね。というのも、軟式はバットの根っこに当っても飛ぶんです。そういう部分で硬式に対応するのが最初は難しくて。ホームランも全然打てなかったんですけど、慣れてからは徐々に打てるようになって、選抜が終わってから20本以上打ちました。

――コツをつかんだという感じですか?

内田 芯に当る確率が上がりました。自分はどちらかというと強く叩いて飛ばすんじゃなくて、乗せて運ぶ打球が多いんです。

――それはかなり技術的なコツがないと難しいでしょ。例えばポイントは前ですか?後ろですか?

内田 ポイントは皆より前だと思います。

――前だとパーンと弾くようなイメージがありますが。

内田 前を大きくして乗せる感じです。最初の頃にくらべてポイントが近くなっているとは思います。

――ミートポイントもっと近いほうがいいという考え方ですか?

内田 そうですね、近いほうが長くボールが見れますし。そこは少しずつ変えたい部分でもあります。

――18U選手権では、木製バットに見事に対応していたので、日常的に使っていたのですか?

内田 練習では竹バットを使うこともありました。それでも、(18Uでは)ヒットは出ていたんですけど、長打が1本しか出ていないです。あと速い球に対応する力がまだ足りないと感じました。

――でも、韓国戦が4打数3安打。キューバは4打数2安打、アメリカの初戦が4打数1安打3打点、決勝が4打数1安打。この結果は、すごいですよね。それで大会の通算打率が3割1分4厘だから文句なしだと思いますが。他の選手で、興味深いバッティングの選手はいましたか?

内田 友哉大阪桐蔭)です。飛ばす力が凄いなと感じました。音も人と全然違う。一人だけバッティング練習の音も何か違ったんですよね。乾いた音というか、一人だけ強く叩いているというか、そういう音がしました。

このページのトップへ

【次のページ】 U18で対応した木製バットでの打法/捕手としての素質を魅せた甲子園でのプレー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

内田 靖人(うちだ・やすひと)
内田 靖人(うちだ・やすひと)
  • 所属:常総学院高校
  • 学年:3年
  • ポジション:内野手(三塁手/捕手)
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:188センチ/85キロ
  • 福島県いわき市出身。中学時代は軟式野球を経験。常総学院ではスラッガーとして活躍。高校通算37本塁打。守備でも三塁手兼捕手として甲子園でもその強肩をアピール。9月30日にはプロ志望届けを提出した。
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
第663回 日本一ハイレベルな春季関東大会が幕開け。強打の花咲徳栄、日大三が登場!【大会展望・総括コラム】
第659回 新ライバル対決を制した常総学院は強打野球に転換。頂点を狙う投打の怪物たち【大会展望・総括コラム】
第471回 明秀日立(茨城)一糸乱れぬ心と自慢の打撃で大舞台へ挑む【野球部訪問】
大阪桐蔭vs常総学院【2013年 第68回国民体育大会スポーツ祭東京2013】
常総学院vs帝京【2013年春の大会 第65回春季関東地区高等学校野球大会】
済々黌vs常総学院【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
花咲徳栄vs常総学院【2012年秋の大会 第65回(平成24年度)秋季関東地区高校野球大会】
桐光学園vs常総学院【第94回全国高校野球選手権大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
内田 靖人(常総学院) 【選手名鑑】
常総学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー