第424回 中村 勝 (春日部共栄-北海道日本ハムファイターズ) 「気持ちを強く、チームが一つに」 【後編】2016年08月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]春日部共栄で得た大きな学び
[2]最後の夏はベスト8
[3]気付きを得るきっかけを

 前編では、高校時代の思い出と大切にしていたグラブの刺繍に込めた思いなどを伺いました。後編では、春日部共栄で得たものやプロ入り後に感じていることなどを語っていただきました。

春日部共栄で得た大きな学び

高校時代の中村 勝投手

 気持ちの強さをバランスよく維持することは簡単なことではない。強さが出すぎれば、時として頭に血がのぼり、周りが見えなくなってしまうこともある。逆に強さが鈍れば、相手に付け入る隙を与えてしまう。中村投手は、この非常に難しいメンタルバランスを、高校時代に学んだという。

 埼玉県春日部市出身。中学時代から、野球仲間とランニングしながら地元の野球名門校である春日部共栄の練習を見ていた。
「家からも近かったですし野球も強いので、行ってみたいと思っていました」

 中学3年時にKボールの県選抜チームに選ばれ全国優勝。日本代表としてアジア大会にも出場した実績もあり、望み通り春日部共栄に進学した。
転機が訪れたのは2年秋。2008年の秋季埼玉県大会準決勝。春日部共栄花咲徳栄に敗戦を喫した(5対6)。
「あと1回勝てば関東大会出場、という試合で負けてしまったんです。仲間がたくさん点を取ってくれて流れもよかった。でも、僕が打たれて、しかもサヨナラホームランを打たれて…それがすごく申し訳なかったんです」

「大会で負けた試合はすごく覚えている」高校時代だが、その中でも特に印象に残っている試合だ。この敗戦をきっかけに、中村投手はフォームを改造することを決意する。
「それまでは左手を高く上げて投げていたのですが、それだと身体がブレてコントロールが安定しませんでした。そこで冬の間に左手の位置を下げて自分の中でしっくりくる場所を探して」

 左手の位置を調整することで、ピッチングが劇的に変わった。結果、冬を越え、最終学年となった2009年春から、プロのスカウトの注目を浴びるほどの活躍を見せるように。ちなみに、前述のウイルソンのグラブを使いだしたのもこの頃だったと記憶している。

【次のページ】 最後の夏はベスト8

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村 勝
中村 勝(なかむら・まさる)
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 経歴:春日部共栄-北海道日本ハムファイターズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:184センチ83キロ
  • 生年月日:1991年12月11日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第3回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【興国編】【球児の青春コトダマ】
第2回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【春日部共栄編】【球児の青春コトダマ】
第40回 マネージャ―もチームの一員であり仲間!春日部共栄高等学校【頑張る!マネージャー】
第478回 5月5日は埼玉、兵庫の準決勝に注目!【大会展望・総括コラム】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
第491回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「身長をハンディするのではなく、武器にすればいい」【前編】 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
第480回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「僕は変化することを恐れない」【前編】 【2016年インタビュー】
第477回 北海道日本ハムファイターズ 宮西 尚生投手(市立尼崎出身)「超一流の中継ぎが実践する調整法」 【2016年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
中村 勝(春日部共栄) 【選手名鑑】
春日部共栄 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー