第261回 仙台育英学園高等学校 佐藤 世那投手「頭脳的フォークボーラーの進化の過程」2015年02月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]投げ方は投手を始めた時から変わらない / 2年秋に見せ球と決め球のフォークを投げ分けるコツを掴む
[2]良いイメージを持って投げることが秋の飛躍につながった
[3]秋のベストピッチングを振り返る

【仙台育英学園高等学校の野球部訪問もあわせてチェック!】
仙台育英学園高等学校(宮城)
世代を代表する投手が集結した第87回選抜大会 【注目投手編】

 昨年の秋季大会で、仙台育英は16試合を戦った。その全てに先発したのがエース・佐藤 世那である。全16試合中、13試合で完投、そのうち7試合で完封している。優勝した明治神宮大会も全3試合を一人で投げぬいた。それも、関西王者天理九州チャンピオン九州学院、2年ぶりに関東大会を制した浦和学院を相手に25回でわずか2失点に抑え、明治神宮大会優勝投手になり、全国にその名を知らしめた。

 佐藤といえば、テイクバックが大きい独特なフォームから投げ込む140キロを超える速球と落差が大きいフォークをコンビネーションとした投球である。今回はそのフォームのルーツ、フォークを決め球にするまでにマスターしたプロセス、最後に選抜に向けての意気込みを伺った。

投げ方は投手を始めた時から変わらない

 最速144キロのストレートを投げ込む佐藤。小学生の頃から、ストレートが速い少年として有名だった。仙台育英佐々木 柊野主将は小学生の時、選抜チームで佐藤とバッテリーを組んだことがある。今は外野手だが、当時は捕手。自チームでは、仙台育英でもチームメイトの百目木 優貴の球を受け、「百目木でも速いと思っていた」と言うが、「世那はもっと速くて衝撃でした。捕るのがやっとだった」と振り返る。

 佐藤と言えば、右腕を一塁側に大きく引いたテイクバックをとる独特の投球フォームに視線が注がれる。肩甲骨の柔らかさが成すことだが、佐藤が小学生の時に所属していた南光台東小野球愛好会の門田 洋監督は、当時から「柔らかかった」と証言する。ヒジの柔軟性も高く、「教わってはできない、しなるような投げ方をしていた」という。

 佐藤本人も「こう投げるんだよと言われたことはありません。元からこの投げ方です。小学校の時、上から投げたことがあるんですが、すぐに肩が疲れました」と笑う。これまでフォームをいじられたことはなく、自分の身体にあったやり方で野球を続けてこられたことは、佐藤にとって幸運だっただろう。

2年秋に見せ球と決め球のフォークを投げ分けるコツを掴む

佐藤 世那投手(仙台育英)

 佐藤の代名詞とも言えるのがフォークだ。
中学1年の終わり頃、変化球の取得に挑戦したのだが…。「横系を投げられなかったんです。遊び感覚でいろんな球を試していたら、フォークが自分でもビックリするくらいよかったんです。(秀光中監督の)須江先生にも『フォークが一番、いいんじゃないか』って言われて、練習し始めました」

 自宅の風呂で、人差し指と中指の間に瓶を挟んで水を入れたり抜いたりし、指の間の柔軟性や指力を鍛えた。試合で使えるようになると、中学時代は三振を取るための決め球として有効活用した。

 ところが、高校ではフォークを見逃されることが多くなり、「中学とは違う」と実感する。どうすればフォークが通用するかを考えてきたが、なかなか答えは見つからなかった。そして昨夏の4回戦・東北学院戦で佐藤は3番手で8回からマウンドに立っていた。3対3と同点の13回表、東北学院・浅野太祐にカウント3−2から粘られた。フォークが決まらずに四球になることを恐れたバッテリーは内角直球を選択したが、これが決勝点となる勝ち越し本塁打になり、チームは敗れた。

 「夏までのフォークは速い時とゆっくりの時がありました。自然に分かれていて、思った通りにいかず、バラバラ。何で速い時とゆっくりの時があるんだろうと考えて練習していましたが、分かりませんでした」
握りを変えているわけではないが、勝手に速くなったり、遅くなったりするフォークは信頼できず、選択できなかった。

 新チームになり、練習していたある時、フォークのコントロールをつける感覚をつかんだ。
「2つの違いは、腕の振りと指の力の入れ方だと気付きました」
感覚を掴んでからは、決め球と見せ球、2つのフォークをしっかり投げ分けられるように練習した。様々なカウントでフォークが使えるようになると、ピッチングの幅が広がった。

 ところで、フォークを多投するとヒジへの負担が心配されるが、「フォークを投げるとヒジにくるとか、握力がなくなるから、あまり投げすぎない方がいいよとか言われますが、自分は腕の振りで投げて、あまり握力は使わないので、フォークを多めにしてもヒジへの影響はありません」と話す。

このページのトップへ

【次のページ】 良いイメージを持って投げることが秋の飛躍につながった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

佐藤 世那
佐藤 世那(さとう・せな)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:180センチ76キロ
  • ■選手名鑑
    佐藤 世那
【関連記事】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
第596回 馬場 皐輔(仙台大)「高い意識と確かな積み上げで、大学球界を代表する剛腕へ」 【2017年インタビュー】
第77回 仙台育英(宮城)編「平沢大河、西巻賢二など好選手を輩出する仙台育英のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
第490回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「侍ジャパンの経験も糧に、慶應義塾で『丘の上』のその先へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第489回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「好投手たちと共に登った『成長の階段』」【前編】 【2017年インタビュー】
鳥羽vs仙台育英【2015年 第70回国民体育大会 紀の国わかやま国体2015】
仙台育英vs広島新庄【2015年 第70回国民体育大会 紀の国わかやま国体2015】
仙台育英vs東陵【宮城県 2015年秋の大会 宮城県大会】
日本vsカナダ【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
仙台育英vs早稲田実業【第97回全国高等学校野球選手権大会】
佐藤 世那(仙台育英) 【選手名鑑】
仙台育英 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー