• トップ
  • コラム
  • 野球部訪問
  • 花咲徳栄高等学校(埼玉)「選手を『育成』しつつ『勝利』も呼び込む二刀流理論 徳栄メソッドの正体」【vol.1】

第420回 花咲徳栄高等学校(埼玉)「選手を『育成』しつつ『勝利』も呼び込む二刀流理論 徳栄メソッドの正体」【vol.1】2017年03月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]好投手なるためのフォーム作り
[2]フォームを作る3つのメニュー例 その1
[3]フォームを作る3つのメニュー例 その2、その3

 浦和学院聖望学園といった強豪私学に加え、公立校の台頭も目覚ましい埼玉県にあって、2015年夏2016年春と3期連続で甲子園出場を果たした花咲徳栄高校。今年広島にドラフト2位で入団した高橋 昂也投手関連記事に代表されるように、プロへ進む選手を育成する点でも評価が高い学校だ。その選手づくり、チーム作りにはいったいどんな秘密が――。

【花咲徳栄の野球部訪問 3回連載】第1回 / 第2回 / 第3回

好投手なるためのフォーム作り

岩井 隆監督(花咲徳栄)

「ピッチャーは完全にフォームです」
花咲徳栄高校の岩井 隆監督はそう語る。

「コントロールはフォームとリリースポイントで決まる。それとスピードを出すには腕の振りの速さと内転筋と背筋の強さ、それに加えやっぱりフォーム。私の師匠は理論派の職人タイプでした。私はコーチとして学ばせてもらって。当時、花咲徳栄は甲子園には出ていないけれどプロ選手は輩出していました。甲子園までは勝ち進めないけど、プロが出るということはやっている野球は間違っていない。だから、今でも私の中で当時の教えがベースになっています」

 花咲徳栄高校はOBに12人のプロ野球選手がいる。特に投手は、品田 操士(1991年近鉄ドラフト3位)、池田郁夫(1992年広島ドラフト7位)、品田 寛介(1993年広島ドラフト6位)と3年連続でプロ投手を輩出した時期もあった。さらに神田 大介(1996年横浜ドラフト5位)、新井 智(ローソンを経て2002年阪神ドラフト9位)、そして昨年、「高校BIG3」と言われた一人、高橋 昂也(2016年広島ドラフト2位)に至るまで計6人もの投手をプロに送り込んでいる。そして、その指導法は稲垣人司・前監督の頃から一貫しているという。いったいどんな育成理論があるというのか。

 花咲徳栄には砂場や綱を利用した独特なトレーニングメニューがある。では、投手メニューはどうであろうか。その一部を教えてくれたのは福本 真史コーチ。岩井監督の下について6年目を迎える福本コーチは、同校が2003年春のセンバツでベスト8に進出した時のエースである。

「ピッチャーの練習方法や育成方法は私の頃から全く変わっていません。私も中学まで野手で、高校からピッチャーになったのですが、稲垣前監督の投手育成理論で作られたピッチャーだと思っています。入学前は119キロぐらいだったストレートの球速が、最後は146~147キロまで伸びましたから」

 冒頭で岩井監督が言ったように、「ピッチャーはフォームである」という考えはチームの共通認識だ。以下、その前提に立ったメニューをいくつか紹介する。

【次のページ】 フォームを作る3つのメニュー例 その1

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ!【100回記念大会特集】
第48回 駒大苫小牧の連覇から10年、北海の準優勝で新時代到来【北海道・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第133回 想いはそれぞれ。球児たちが振り返る今年の漢字とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
中央学院vs花咲徳栄【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花咲徳栄【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs山村学園【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
第327回 花咲徳栄高等学校 大瀧 愛斗選手【後編】 「スランプから脱却させた岩井隆監督の魔法の一言」 【2015年インタビュー】
清水 達也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
綱脇 慧(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

伊藤亮
伊藤 亮
  • 生年月日:1977年
  • ■ 東京都出身。都立三鷹高校野球部
  • ■ 2004年よりフリー編集兼ライターに。
    『ジーコ備忘録』『ピンポンさん』『セルジオ越後のフットサル入門』『直伝 澤穂希』『俊輔の言葉』など幅広くスポーツ関連書籍の取材・編集を行う傍ら、『新興衰退国ニッポン』(講談社)など、時事問題やカルチャーに関する書籍編集にも数多く携わっている。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム