第15回 玉野光南高等学校(岡山)2018年02月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]innovationで目指す日本一
[2]主力選手にインタビュー
[3]想いを強く、真の強いチームへ


バッティング練習の様子(玉野光南)

innovationで目指す日本一


■玉野光南はどんな学校?
 玉野光南高等学校は岡山県玉野市にある県立校。校訓である「自律・創造・敬愛」のもと、知・徳・体の調和のとれた心身ともに健康な人物を育てるという教育目標がある。
野球部をはじめとする部活動が盛んで、多くの部活動が全国大会で活躍するなどしている。

■玉野光南のチーム紹介
 玉野光南野球部は現在2年生27名、1年生24名で日々活動している。今年のチームのウリは「後半の粘り強さ、明るさ、積極性」と話すのは井上 佑樹主将。部員をチームに分けて競争力を高めるなどして、目標である平均体重70kgに向けてオフシーズンのトレーニングに挑んでいる。

■新チームのテーマとは
 新チーム当初に掲げたテーマは「innovation(変革・革新)」。今までの取り組みを変革して取り組もうという意味だそうだ。練習では個人ノック(10球捕球×時間の限り何セットも)やミドルパワー(球場一周を50秒×5周)などの厳しい練習をチーム目標である日本一に向けて行っている。

■チームの中心選手たち
玉野光南の中心選手は齋藤 凌生、近藤 巧弥、行守 進。齋藤はリリーフとして、近藤は4番打者として、行守は高い出塁率で大きくチームに貢献した。
今後のキーマンに井上主将は、マネージャーも含めたチーム全員を指名。全員野球で甲子園出場を目指す。

■日本一に向けて
 チームの目標は「日本一」。今後に向けて井上主将は「一生に一回の高校野球なので悔いのないようにしたい」と話した。加えて「春と夏に結果が残せるための冬にしたい」と語気を強めた。

このページのトップへ

【次のページ】 主力選手にインタビュー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第476回 5月3日は横浜vs東海大相模など好試合が満載!【大会展望・総括コラム】
第362回 【岡山抽選会後 展望】個の関西、創志学園か チームワークで勝負するおかやま山陽にも可能性あり【大会展望・総括コラム】
第27回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図(岡山県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第193回 【第97回岡山大会展望】岡山理大附、関西、興譲館など有力校多数の岡山を制するのは?【大会展望・総括コラム】
弘前学院聖愛vs玉野光南【第95回全国高校野球選手権記念大会】
第16回 県立玉野光南高等学校(岡山)【第95回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
玉野光南vs倉敷商【岡山県 2011年秋の大会 秋季岡山県大会】
玉野光南vs興譲館【岡山県 2011年秋の大会 秋季岡山県大会】
玉野光南vs岡山理大付【岡山県 2011年秋の大会 秋季岡山県大会】
玉野光南 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム