サイド投手から捕手転向を果たした京都先端科学大の喜多 隆介(小松大谷出身)がドラフト候補になるまで

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.15

喜多 隆介(小松大谷-京都先端科学大)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
サイドスロー投手から最速1.77秒を誇る超強肩捕手となった喜多 隆介(小松大谷-京都先端科学大)が語るスローイング理論

 今年の大学生捕手は強肩揃いだが、その中でも密かに注目を浴びているのが、京都先端科学大の喜多 隆介(4年・小松大谷)だ。そのスローイングタイムの最速は1.77秒だ。投手から捕手へ転向したドラフト候補捕手は数多いが、喜多は他の転向組みの捕手と違うのはサイドスローだったということだ。打撃面も上昇中の掘り出し物といわれる男のストーリーを振り返る。

(続きを読む)



ドラフト2020関連記事
最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年
世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)はなぜ圧倒的なピッチングをテーマにしているのか?
ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題

【関連記事】
第1252回 サイドスロー投手から最速1.77秒を誇る超強肩捕手となった喜多 隆介(小松大谷-京都先端科学大)が語るスローイング理論 【2020年インタビュー】
【動画】サイドの投手→超強肩捕手に!急浮上のドラフト候補・喜多隆介(京都先端科学大)とは... 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1145回 石川に現れた全国レベルのショートストップ・中津大和(小松大谷)の成長の軌跡 【2020年インタビュー】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第935回 奥川恭伸擁する星稜を脅かすチームは?日本航空石川、遊学館が追随する!【石川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第63回 星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い【石川県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第52回 因縁の対決を制した星稜。負けず劣らず深い因縁の戦いを乗り越えてきたチームあり!【夏の大会特集2016】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
富山商vs小松大谷【2014年春の大会 第130回(平成26年度春季)北信越地区高等学校野球大会】
小松大谷vs新潟明訓【2014年春の大会 第130回(平成26年度春季)北信越地区高等学校野球大会】
喜多 隆介(小松大谷) 【選手名鑑】
小松大谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
本日から東海大会開幕!過去5年の優勝校、準優勝校を紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る