センスと知性は五つ星 ボーイズ日本代表・星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.05

星子天真(熊本泗水ボーイズ)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
センスと知性は五つ星のエリート球児 星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る

 U-12日本代表、カルリプケン世界大会日本代表、世界少年野球大会代表(ボーイズ日本代表)と、これまで3度の日本代表を経験した逸材が、この春から高校野球への舞台へ踏み出していく。

 熊本泗水ボーイズの星子天真だ。
 走攻守の3拍子が揃ったプレースタイルもさることながら、日本代表で主将を務めるほどのリーダーシップも持ち合わせており、選手としても主将としても存在感を発揮してきた。
 今回はそんな星子に、これまでの中学野球を振り返っていただき、また高校野球での目標についても伺った。

(続きを読む)

【目次】
[1]技術よりも目を引く人間力の高さ
[2]日本代表で得た2つの経験

関連記事
主将で1番捕手!中学球界屈指の名捕手・伊藤愛都( 草津リトルシニア)が過ごした3年間
最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)
野茂総監督から学んだ感謝の気持ちを胸に 香西一希(糸島ボーイズ)は高校野球でも二刀流を目指す

【関連記事】
今年は逸材揃いと評判のボーイズ日本代表選手 注目の5選手をピックアップして紹介 【ニュース - 中学野球関連】
高校生になる「2004年世代」。世代屈指のスラッガー、140キロ右腕、大型捕手、秀才型内野手など多士済々の顔ぶれ 【ニュース - 高校野球関連】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1132回 センスと知性は五つ星のエリート球児 星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る 【2020年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
大化けの予感。最速156キロを記録した剛腕ルーキー・杉山晃基(盛岡大附出身)の課題とは
次の記事:
勝負の3年目へ!村上宗隆(九州学院出身)が実戦初安打をマーク!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る