体の前面を伸ばそう

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.26

体の前面部にある筋肉をしっかり伸ばしてから、背筋などの後面部を鍛えよう

 私たちは日常生活はもちろん、スポーツの場面においても、前を向いて動作を行うことが圧倒的に多く、頭が前に倒れるような姿勢が続くと背中が丸くなってしまう猫背姿勢になりがちです。投球動作では腕を後ろから前に投げ出すように繰り返すため、体の前面にある筋肉が繰り返し収縮して働き、背中側とのバランスが崩れてくると肩関節そのものが少し前側に移動することなども見られます。走る動作においても体の前側にある大腿四頭筋の方が、後側にあるハムストリングスよりも大きな力を発揮することが知られており、大腿四頭筋が十分に伸ばされない状態では股関節の動きにも影響を及ぼします。

 このようなバランスを改善するためには技術練習とともにトレーニングを行うことが必要不可欠ですが、体の後面にある筋肉をより効果的に働かせるためには、動作の支障となりやすい前側の筋肉をまず伸ばすことから始めましょう。例えばウエイトトレーニングの一つであるベンチプレスは大胸筋を収縮させることで「押す力」を強化しますが、大胸筋があまりにも強く筋肉の短縮が見られると、スムーズに腕を挙げることがむずかしくなります。トレーニングをした後には入念にストレッチを行い、スポーツ動作の妨げにならないように整えることが大切になってきます。

 体の前面部で意識してほしい部位は個人によっても変わりますが、特に顕著に見られやすいのが、首の前面にある胸鎖乳突筋や大胸筋、股関節の付け根にある腸腰筋、太もも前面部の大腿四頭筋などです。これらの筋肉をあらかじめストレッチしておくと、体の後面にある筋肉はより自由に動きやすくなります。体の前面部にある筋肉を十分に伸ばした後にトレーニングを行うと、関節可動域を十分に使うことができるので、より効果的な筋力強化が見込めることになります。体の前面部にある筋肉は意外といつも緊張していることが多く、それがブレーキとなってスムーズな動作を妨げたり、姿勢を崩す一因にもなりますので、日頃から意識してストレッチを行うようにしてみましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
ミネラルウォーターに含まれるもの 【ニュース - ヘルスニュース】
集中力と深呼吸について 【ニュース - ヘルスニュース】
第246回 部活動と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第245回 野球選手らしい体つき【セルフコンディショニングのススメ】
第244回 心拍数とランニング強度を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第243回 日常生活のマネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第242回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
高校通算25本塁打!京都屈指の強肩捕手・釣寿生(京都国際)の描く理想像とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る