• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 全国レベルの150キロ右腕!キャッチボールからでもわかる才能の高さ 日大三 井上 広輝

全国レベルの150キロ右腕!キャッチボールからでもわかる才能の高さ 日大三 井上 広輝

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.02

 2018年12月に行われた東京代表のキューバ遠征のバッティング練習の様子から日大三井上 広輝をピックアップして紹介していく。

 井上は2019年度の高校生を代表する速球派投手の一人だ。全国デビューとなった2018年の選抜では最速147キロをマーク。夏の甲子園では最速150キロと大台に乗せた。

 ストレートの回転数はほかの140キロ台を投げる投手と比較しても高く、空振りが奪える。ストレートに強いキューバ打線を相手にしても三振を奪うことできた。

 変化球はチェンジアップが最も良い。打者の手元でブレーキして、シンカーの軌道で落ちていく。軌道は左の強打者でも空振りを奪える球種だ。そのほかにも120キロ台のフォーク、100キロ台のカーブを投げ緩急をつけるのも上手い投手だ。

 その能力の高さはキャッチボールからでもわかり、50〜60メートルの距離でもライナー性のボールを投げれる地肩の強さがある。

 昨秋は東京都大会1回戦で敗れてしまった日大三だが最速150キロ右腕・井上 広輝を筆頭に2018年の成績を越えていくこと期待したい。

あわせて読みたい!
井上広輝(日大三)「1年生ながら145キロ!自慢のシンカーで強力打線をなで斬り」
クローザー・井上広輝(日大三)!自分も世界で戦いたい!
2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】

【関連記事】
都立校から唯一の代表選出!期待を背負いキューバで躍動 山崎 主真(都立日野) 【ニュース - その他】
日大三の初戦が決定!逆襲の春へ!! 【ニュース - 高校野球関連】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第830回 キューバ遠征から見えた国際大会での戦い方【大会展望・総括コラム】
第828回 「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡【大会展望・総括コラム】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第827回 東京代表の軌跡!キューバ遠征を人生のプラスに!【大会展望・総括コラム】

コメントを投稿する

次の記事:
なぜセンターに元気を求める?確かな根拠を持つ龍谷大平安のセンター像とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る