140キロ超えの本格派から変則左腕まで!侍ジャパンU-15代表のピッチング【動画】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.12


 2018年、侍U-15代表は第4回 WBSC U-15 ワールドカップに出場し、4位という成績に終わった。
 高校野球ドットコムでもジャイアンツ球場で行われた強化合宿を取材し、侍U-15代表に密着した。

 今回はその中で、ブルペン投球の映像を紹介していく。
 この日ブルペン投球を行ったのは、本田峻也(小松加賀リトルシニア)、畔柳亨丞(SASUKE名古屋ヤング)、藤森 粋七丞(青森山田リトルシニア)、秋山恭平(筑後サザンホークス)、清田蒼陽(新城ボーイズ)、竹中勇登(倉敷ビガーズヤング)、小畠一心(オール住之江ヤング)の7投手。
 最速140キロを超える本格派から変則左腕まで、非常にバラエティに富んだブルペン投球となった。

 この中で高校野球ドットコム一押しの選手は、青森山田リトルシニア藤森 粋七丞だ。球速だけを見れば速い選手は他にもいるが、藤森のストレートは切れが違う。打席に立って見ると、打者は球速以上の切れを体感するはずだ。

 U-15代表の正遊撃手を務めた齋藤広空も、藤森のストレートを絶賛する。
 「藤森粋七丞(青森山田リトルシニア)は球の切れがすごかったです。打席で見て「うおっ」と思いましたね」

 2年生で代表入りした福原 聖矢(安仁屋ヤングスピリッツ)を除き、代表の選手たちはこの春から高校野球へと舞台を移す。この中から一人でも多くの選手が、甲子園を沸かせてくれることを期待したい。

【代表選手】
【投手】
11 樋上 颯太 右投右打 湖南ボーイズ 3年
14 金井 慎之介 左投左打 東京城南ボーイズ 3年
15 古川 秀弥 右投右打 ヤング西福岡メッツ 3年
16 本田 峻也 左投左打 小松加賀リトルシニア 3年
17 鈴木 唯斗 左投左打 SASUKE名古屋ヤング 3年
18 畔柳 亨丞 右投右打 SASUKE名古屋ヤング 3年
19 藤森 粋七丞 右投右打 青森山田リトルシニア 3年
21 秋山 恭平 左投左打 筑後サザンホークス 3年
22 清田 蒼陽 右投右打 新城ボーイズ 3年

【捕手】
5 池田 陵真 右投右打 忠岡ボーイズ 3年
10 坂 玲哉 右投右打 湖南ボーイズ 3年
12 福原 聖矢 右投右打 安仁屋ヤングスピリッツ 2年
13 城下 拡 右投左打 串木野ドリームズ 3年

【内野手】
2 木本 圭一 右投右打 静岡裾野リトルシニア 3年
3 竹中 勇登 右投右打 倉敷ビガーズヤング 3年
4 杉下 海生 右投左打 泉佐野リトルシニア 3年
6 齋藤 広空 右投右打 京葉ボーイズ 3年
8 内山 陽斗 右投左打 羽曳野ボーイズ 3年

【外野手】
7 花田 旭  右投右打 西淀ボーイズ 3年
9 小畠 一心 右投右打 オール住之江ヤング 3年

【関連記事】
【動画】U-15日本代表の注目投手を高校野球ドットコムが独自にピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
ノック、アップから高い野球センスを発揮した侍ジャパンU-15代表【動画】 【ニュース - その他】

コメントを投稿する

前の記事:
全道ベスト4の釧路湖陵がこの冬乗り越え目指すものとは?
次の記事:
山梨学院が長崎合宿を敢行!名物観光スポットが修業の場に!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る