「プロセスを大切に」箱根駅伝の名将・原晋監督から学ぶ学生スポーツの在り方

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.09

箱根駅伝での原晋監督(青山学院大学)

 東海大学の総合優勝で幕を閉じた今年の箱根駅伝。5連覇を目指した青山学院大学は、往路でのミスが響いてしまい、惜しくも総合2位に終わりました。
 それでも復路では驚異の追い上げを見せ、一時は逆転優勝の期待も持たせてくれた青山学院大学。改めて、学生スポーツの素晴らしさを感じることが出来た大会だったのではないでしょうか。

 さてそんな青山学院大学ですが、レース後に原晋監督が口にしたコメントに大きな賞賛が集まりました。高校野球にも、直接的に通じる内容なので是非紹介したいと思います。

 「素直に悔しいです。ですが、学生たちの努力している姿を目の当たりにしているので後悔はありません。
 あきらめない心、生きる力を箱根駅伝を通して学ばせています。学生スポーツなので、これからもプロセスを大切にして文武両道でやっていきたいです」

 勝利や成功を手にする為には、正しく地道なプロセスを踏み続けることが欠かせません。その、正しく地道なプロセスを踏み続ける力、生きる力を学べるところが、学生スポーツの素晴らしいところです。

 駅伝、サッカー、ラグビー、バレーと、年末年始は主要スポーツの全国大会が続々と開催されています。
 さあ、3月からは野球の番です。対外試合解禁まで約2カ月、夏の大会までは約半年、どこよりも濃密なプロセスを踏み続けて、心身共に最高の状態を作ることができるように駆け抜けましょう。

文:栗崎 祐太朗

箱根駅伝から考える高校野球
 ◆箱根駅伝出場の黄金世代と甲子園優勝メンバーが同じ講義に?
 ◆高校野球の監督への転身に意欲を示す原晋監督(青山学院陸上長距離)教え子が語る原監督の指導方法とは?

【関連記事】
SNSも活用次第では指導者の考えを発信できる貴重な場となる!野球部公式SNSの活用を考えてみる 【ニュース - その他】
高校野球の監督への転身に意欲を示す原晋監督(青山学院陸上長距離)教え子が語る原監督の指導方法とは? 【ニュース - その他】
第777回 控えからアマチュアの名門を渡り歩きプロの舞台へ!岡野祐一郎(東芝) 【2018年インタビュー】
第475回 三浦 颯大選手(酒田南-青山学院大)「リーグ優勝も経験!正捕手の座を狙い来季も奮闘」【後編】 【2016年インタビュー】
第474回 三浦 颯大選手(酒田南-青山学院大)「高校3年夏は3本塁打マークした強肩強打の逸材」【前編】 【2016年インタビュー】
第5回 石川 雅規選手(東京ヤクルトスワローズ)が軟らかいグラブが好きな理由とは?【プロ野球選手の用具のこだわり】
第383回 東海大学 長倉 蓮選手「1年から頑張れば、2年生、3年生になって返ってくる」 【2016年インタビュー】
第18回 大塚 晶文コーチが語る! 「なぜ投手に強い背筋が必要なのか」【技術ノート トレーニング編】
第193回 横浜DeNAベイスターズ 冨田 康祐投手(PL学園出身) 【2014年インタビュー】
第9回 青山学院大学野球部 『自主練習は一朝一夕にならず』【先輩から学べ】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る