太りにくい体質と体づくり

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.07

乳酸菌を含む食品なども考慮しつつ、食事の栄養バランスも見直そう。

 体づくりのためには「トレーニング」「休養」「栄養」のバランスが大切です。どれか一つが極端に欠けてしまったり、過度に執着したりした状態では健康的で、野球選手の理想とする体に近づくことはむずかしいと言えます。ところが「とにかく体を大きくしたい」と極端に食事量を増やし、時には炭酸飲料やカロリーの高い菓子、ファストフードなどを選んで食べるといった自己流の食事法を実践する選手もいます。その理由をたずねてみると「太りにくい体質だから、とにかく何でもいいのでカロリーの多いものをたくさん食べる」と言います。太らない、太れないことを体質のせいにしていないでしょうか。そして何より太りにくい体質というのは存在するのでしょうか。

 太りやすい体質、太りにくい体質を決定づけている要因の一つに腸内環境が挙げられます。食事によって体内に運ばれた栄養素は消化・吸収の過程を経て、血流に乗って運ばれ、必要な細胞に届けられるような仕組みになっていますが、このときに腸内環境が乱れていると、消化・吸収に必要な腸内細菌が不足し、カロリーを摂取してもうまく体内に取り込めずにそのまま排出されてしまうことが考えられます。いくら食べても太らないというのはカロリーを摂取していてもそのまま体の中を通過して出ていくような状態とも言えるでしょう。

 

 こうした腸内環境を改善させるためにはバランスの良い食事をとることが大切です。食べものの好き嫌いが激しかったり、極端に食べないものがあったりするとやはり腸内環境は乱れてしまいます。特に食物繊維の多いもの(大根、ごぼうなどの根菜類、きのこ類など)や乳酸菌を含むもの(ヨーグルトやキムチ・チーズなどの発酵食品など)を意識しながら食べることを心がけましょう。便秘や下痢といった腸のトラブルを抱えていると、腸内環境だけではなく、試合前のコンディションなどにも影響を及ぼすことがあります。野球選手としては日頃から腸内環境を整えておくようにしましょう。

 

 太りにくいのは体質だけではなく、さまざまな要因が考えられるものです。食事内容を見直すことはもちろん、食事量(不足していないか)、休養面で十分な睡眠がとれているかといったこと(十分な成長ホルモンによって筋肉は再生される)なども改めて確認するようにしてみましょう。

 

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
シャワーを使った交代浴で疲労回復 【ニュース - その他】
ドーピングの基礎知識とケーススタディをチェック! 【ニュース - コラム】
第215回 ドーピングの基礎知識を学ぼう【セルフコンディショニングのススメ】
第214回 受動握力と指の力を鍛える【セルフコンディショニングのススメ】
第213回 足首の複雑な動きとゆるみ・硬さ【セルフコンディショニングのススメ】
第211回 西村典子トレーナーが教える「自宅で出来る!簡単ストレッチ&セルフコンディショニング」VOL.4【セルフコンディショニングのススメ】
第212回 サーフェスとトレーニング効果【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
内川 聖一選手が大舞台に強くなる理由。「緊張」を受け入れ、「MAX」の力を出すこと
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る