2月17日がラスト!大会歌「栄冠は君に輝く」誕生秘話とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.01


2月17日がラスト!大会歌「栄冠は君に輝く」誕生秘話とは?

 1月25日に選抜出場校が決定し、オフシーズンも残りあとわずか。注目投手・奥川 恭伸擁する星稜や、明治神宮大会を制した札幌大谷。他にも気になる学校が目白押しの選抜が楽しみな高校野球ファンも多いことでしょう。そんな高校野球ファンであれば、あの名曲を一度は口ずさんだことがあるのではないだろうか。

 『雲は湧き 光あふれて 天高く~』で始まり、高校野球ではお馴染みとなっている『栄冠は君に輝く』。高校野球を愛する人であれば一度は耳にしたことがある名曲がどのようにして誕生したのか。この楽曲の製作秘話をテーマにしたドキュメンタリー映画が、各地で上映されている。

 石川県能美市に住んでいた加賀大介氏によって作詞された『栄冠は君に輝く』。5252通の公募の中から選ばれた『栄冠は君に輝く』は、大会を盛り上げることを目的に1948年の第30回記念大会から導入された、という背景がある。

 加賀氏はどのような想いを込めて作詞したのか。そして、名曲が誕生するまでの苦労など様々な出来事にスポットを当てたのが、この「ああ栄冠は君に輝く」だ。

 主人公の加賀大介役には、舞台を中心に活躍されている松崎謙二氏。加賀大介を献身的に支える妻・加賀道子役に渡辺梓氏が抜擢されるなど、数々のキャストが出演している。

 既に昨年の7月上旬から金沢を皮切りに全国を回って上映し、ついに2月17日(日)文京区民センターにて上映されるのが最後となった。

 「この歌が歌われる意味が分かった」「いい意味で想像とは違うモノが見られて良かったです」など映画を見終わった観客からは、称賛の声が多数集められた。
 実際に見た筆者も、映画を通じて加賀大介という男の生きざまに感銘を受けた。

 見るもの全てが何かを感じてもらえるそんな作品に仕上がっている『ああ栄冠は君に輝く』。2月17日の上映会で、大会歌に込められた熱い想いを会場で確かめてみてはいかがでしょうか。

<今後の上映予定>
2月17日(日)
会場:文京区民センター 3A 会議室

映画の内容と面白さについて知りたい!という方はこちらのをチェック!
(1)【映画紹介】『ああ栄冠は君に輝く』の魅力はコチラから!
(2)【予告動画】『ああ栄冠は君に輝く』の予告編はコチラから!
(3)映画公式サイトはコチラから!


【関連記事】
その生き様に心打たれること間違いなし!?「ああ栄冠は君に輝く」に称賛の声! 【ニュース - その他】
1月14日上映会!甲子園を彩り続けた名曲『栄冠は君に輝く』誕生秘話とは? 【ニュース - パートナー情報】

コメントを投稿する

前の記事:
規則委員会からの提言!ベンチ前キャッチボールを考える
次の記事:
バラバラに歩き、取材し、伝える 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に迫る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る