トーナメント表
夏の甲子園の勝ち上がり

関連記事
すべてが激戦の予感しかない甲子園準々決勝4試合の見どころを徹底紹介
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

 第104回全国高校野球選手権大会の第12日、第3試合は大阪桐蔭(大阪)と下関国際(山口)がベスト4をかけ準々決勝を戦う。

 大阪桐蔭は背番号10の右腕・別所 孝亮投手(3年)を先発のマウンドへ送った。旭川大高(北北海道)戦、聖望学園(埼玉)戦では抑えとして1イニングずつ登板したが先発は今大会初となる。

 一方、下関国際はエース左腕の古賀 康誠投手(3年)が3試合連続で先発。中1日での登板となる。

<先攻:下関国際>
1番(中)赤瀬 健心外野手(3年)
2番(二)松本 竜之介内野手(3年)
3番(遊)仲井 慎内野手(3年)
4番(一)賀谷 勇斗内野手(3年)
5番(右)水安 勇外野手(3年)
6番(左)奥山 晃大外野手(3年)
7番(三)森 凜琥内野手(3年)
8番(投)古賀 康誠投手(3年)
9番(捕)橋爪 成捕手(3年)

<後攻:大阪桐蔭>
1番(三)伊藤 櫂人内野手(3年)
2番(右)谷口 勇人外野手(3年)
3番(捕)松尾 汐恩捕手(3年)
4番(一)丸山 一喜内野手(3年)
5番(中)海老根 優大外野手(3年)
6番(左)田井 志門外野手(3年)
7番(遊)大前 圭右内野手(3年)
8番(二)星子 天真内野手(3年)
9番(投)別所 孝亮投手(3年)