「第5回 WBSC U-15 ワールドカップ」に出場する侍ジャパンU-15の代表メンバー20人が8日、選出された。

 数多くの逸材の中でも選ばれた選手だけが中学時代にU-15代表侍ジャパンのユニホームに袖を通してきた。2022年は第1次審査・選考で、応募フォームに投稿されたプレー映像による審査が行われるなど、多くの応募が寄せられた中、2019年以来となる代表メンバーの選出となった。

 シニアからは注目が集まっていた坂本 慎太郎投手(3年=取手リトルシニア)や、球威のある直球を投げる高橋 輝羽投手(3年=東練馬リトルシニア)らが選出。

 ボーイズでは140キロに迫る直球が持ち味の佐藤龍月投手(3年=東京城南ボーイズ)などが選ばれ、ヤングでは甲子園球場の右翼席に本塁打を放った実績がある注目の大型スラッガー・金本貫汰外野手(3年=関メディベースボール学院ヤング)が呼ばれた。

 北は青森、南は福岡まで、シニア、ボーイズからそれぞれ7人、ヤング4人、フレッシュ、ポニーからそれぞれ1人の精鋭の中学球児20人が決定。メキシコで26日から9月4日までかけて開催される大会に向けての調整として、8月21日から23日まで、埼玉で直前合宿を行い、24日にメキシコへ移動する。

 2018年のワールドカップでは4位に終わった日本。悲願の世界一を目指して20人が一致団結して挑む。