21日に準々決勝が行われる第104回全国高校野球選手権愛媛大会。その一戦に向かっていく新田は、伝統校であり、強豪校として知られているが、1990年のセンバツ初出場時は「ミラクル新田」とも称されて話題となった。

 2021年の夏の甲子園に愛媛代表で出場。甲子園では初戦で静岡に快勝。2回戦で日本航空に敗れはしたが、全国の舞台でも確実な手ごたえをつかんだ。

 同時に選手たちそれぞれが、いかに自分の身体を思い通りに動かすことが重要かということを理解して練習してきた。指揮官・岡田監督ももちろん大事にしてきたが、さらに重要性を理解して練習を重ねてきたという。

 秋は県大会優勝を果たすも、春は県大会初戦敗退。思うように勝ち上がれていないが、体を操るための練習メニューや、特殊な練習器具を活用してパフォーマンスを高めてきて、確かな手ごたえがあると岡田監督は前向きにとらえている。

 夏の大会を連覇できるか。新田の戦いぶりに注目したい。
 新田を特集した映像は、高校野球ドットコムの公式Youtubeチャンネル内で配信されている。

(動画を見る)