第94回選抜大会のトーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)の組み合わせ抽選が行われ、大会は3月18日開幕する。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は山口。今センバツへの出場校はない。昨年秋の県大会で優勝した下関国際、準優勝の宇部商、4強だった岩国商宇部工の4校が中国大会に出場したが、4強入りすることがなかった。

過去、山口でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<山口センバツ出場回数上位ランキング>
1位 下関商  14回
2位 宇部商  7回
2位 岩国   7回
4位 南陽工  5回
5位 柳井   4回
5位 防府商工 4回

 山口県勢のセンバツ初出場は、第3回(1926年)大会の柳井中(現・柳井)。県内強豪の下関商は最多の14回を誇っているが、初出場は第5回(1928年)大会。

<山口21世紀枠出場校と結果>
2008年 華陵(3回戦)

 山口県勢の21世紀枠での出場は華陵のみ。全校生徒が日本赤十字の会員、青少年赤十字モデル校の指定を受け、上位の成績を収めていることが評価されての出場だった。初戦となった2回戦で慶應義塾(神奈川)に1回の1点を守り切って1対0で勝利。3回戦こそ天理に1対10で敗れたが、さわやかな印象を残した。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 下関商 13勝(優勝1回、4強1回、8強3回)
2位 宇部商 8勝(4強1回、8強1回)
3位 南陽工 5勝(8強2回)
4位 柳井  4勝(4強1回、8強2回)
5位 西京  2勝(8強1回)

 山口県勢のセンバツ初勝利は県勢初出場の柳井中が初戦で挙げた。強豪の横浜商(神奈川)を8対0と完封しての見事な勝利だった。山口県勢の最高成績は下関商の優勝。第35回(1963年)大会のことだった。

第35回大会=下関商
1回戦:5-0 明星(大阪)
2回戦:3-2 海南(和歌山)=延長16回
準々決勝:3-2 御所工(現・御所実=奈良)
準決勝:4-1 市神港(現・神港橘=兵庫)
決勝:10-0 北海(北海道)

 2年生エース池永正明投手を擁した下関商が接戦で勝ち上がり、最後は北海に圧勝して初優勝を飾った。初戦で完封すると、2回戦は自らの安打で延長16回サヨナラ勝ち。準々決勝は9回に一気に3得点する奇跡の逆転劇で勝利した。左胸に大きな「S」の文字のユニホームが印象的で、この年の夏にも甲子園に出場するも準優勝に終わり、あと一歩で春夏連覇はならなかった。

 山口県勢のセンバツの通算成績は35勝58敗。都道府県別勝利数ランキングは25位。第88回(2016年)大会の南陽工が初戦勝利して以来、延べ3校がセンバツ初戦に挑んだが、初戦突破できていない。