【選手名鑑】
元プロ監督率いる都立校に逸材現る 最速143キロの長身右腕・渡邊 顕人の覚醒に期待

 最速143キロを計測する剛速球投手として、夏の東東京大会で才能の片鱗を見せた都立雪谷渡邊 顕人投手。現在は元プロ野球選手である伊達昌司氏がチームを率いる都立雪谷のエースとして活躍しており、183センチ75キロと少し細身ではあるが、長い手足を柔らかく使いながらも、鋭い体の回転にあわせて腕を振り下ろすのが特徴的な右腕だ。

【続きを読む】

【ギャラリー】渡邊 顕人のプレーシーン