リトルシニア界でも屈指の名門・江戸川中央シニア。特にリトルシニア全国大会で3位だった2018年世代は逸材揃いだったが、その中から3名が甲子園出場を決めている。

岡本 陸専大松戸
吉岡 道泰専大松戸
安達 大和横浜

 岡本はこの春から急激に成長した143キロ右腕。持丸監督から「夏は深沢 鳳介だけでは絶対に勝てない。岡本がキーマンなんです」と常々語っていた。岡本は春季県大会、春季関東大会で好投を見せると、千葉大会では千葉明徳戦の完投勝利、木更津総合戦の熱投と岡本抜きでは勝てなかったと思わせた。中学時代はそこまでスピードのある投手ではなかった。ただ再現性の高いフォームを見て、期待感があった。投手育成能力が高い専大松戸の環境に上手くマッチした投手といえよう。

 そして吉岡。中京大中京戦ではスライディングキャッチに失敗し、ランニングホームランを献上。号泣しながら甲子園を後にした。そこから吉岡は主将に就任した。もう一度甲子園に行くために。持丸監督はそんな吉岡に対して厳しく接した。特に打撃面について内容が悪ければ、厳しく接した。持丸監督は「2番を任せているのは、つなぎやバントをするためではない。当てに行く打撃はするな」と吉岡の持ち味である強打を発揮してほしいと願っていた。

 関東大会の駿台甲府戦で思うような結果を残せず、厳しく叱咤された。そして関東大会の浦和学院戦では、2打数1安打2打点となにか吹っ切れた打撃内容だった。千葉大会の決勝戦では見事なサヨナラ満塁本塁打。入学した1年春からレギュラーを務め、大いに期待されたスラッガーが最高の形で優勝に貢献した。

 安達は1年から出場し、強打が光る左打者だった。昨秋から主将に就任した安達は走攻守でチームを引っ張る選手となった。打者としてはレベルスイングで安打と長打を量産し、外野守備から鋭いバックホームを披露する。甲子園出場を決めた後は涙を流しながらインタビューに応えた。甲子園では間違いなく注目野手の1人だろう。

 他では山岡 航大(日大三)、石見 陸立花 大地(ともに関東一)がベンチ入りし、ベスト4進出を決めている。計6人の甲子園出場は決まるか注目だ。