昨秋、埼玉西武ドラフト1位の渡部 健人日本ウェルネス出身)らを軸に、横浜市長杯優勝の桐蔭横浜大の新入生を紹介したい。

 投手で注目なのは、鈴木 威琉健大高崎)だ。真っ向から振り下ろすオーバーハンドから最速147キロのストレートは伸びがある。また145キロ右腕の佐藤 祐前橋工)、昨年の山梨を代表する好投手・一柳 佑太 (帝京三)、140キロを超える速球を投げ込む中條 凌佑 (日大鶴ヶ丘)も楽しみだ。

 今年は外野手の逸材が多く、左の強打者で、完成度の高い打撃を見せる鈴木 蓮作新学院)、帝京の主将としてチームを牽引し、東東京大会独自大会優勝に大きく貢献した加田 拓哉も桐蔭横浜大へ。当時のインタビューでは妥協を許さない強いチームを作り上げている様子が伝わってた。桐蔭横浜大でも中心選手へ成長できるか楽しみだ。

 外野手は逸材揃いで、ガーナ人のハーフ・柴田 丈(日体大荏原)も身体能力の高さが魅力の大型外野手として期待が高まる。

 その他にも潜在能力が高い選手が多く、入学後からの活躍が楽しみだ。