甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年春にベスト4進出を果たした龍谷大平安の主な選手たちのその後を紹介する。

市岡 奏馬(明治大-日本製鐵鹿島)
橋本 和樹(立命館大-日本新薬)
小川 晃太朗(同志社大-Honda鈴鹿)
岩崎 佑哉(日本福祉大-カナフレックス)
冨田 慎太郎(関東学院大-香川オリーブガイナーズ)
岡田 悠希(法政大)
西川 藍畝(青山学院大)
竹葉 章人(立教大-Honda熊本)
竹内 良典(日本大)

 エースの市岡 奏馬は進学した明治大では打者に転向。それでもリーグ戦初出場は2018年の春季リーグの東大戦で投手として初マウンドも経験した。4年時には副主将を務め、卒業後は日本製鐵鹿島でプレーする。

 4番・一塁手の橋本 和樹は進学した立命館大では主将を務めチームを牽引した。卒業後は昨年都市対抗4強入りを果たした日本新薬に進む。

 三塁手の冨田 慎太郎は関東学院大に進学し1年秋からリーグ戦出場を果たす。4年時には主将も務め、4年秋はリーグ制覇を果たした。今季から香川オリーブガイナーズに入団し独立リーガーとしての道を歩む。

 捕手の竹葉 章人は立教大に進学。大学ラストイヤーの昨秋は打率.429を残し首位打者を獲得した。卒業後はHonda熊本でプレーする。

 多くの選手が大学、そして社会人と硬式野球を継続している。今後の活躍にも注目だ。

(記事:編集部)


関連記事
エース村上は阪神へ!2016年春Vの智辯学園ナインのその後
プロ4名輩出 2016年秀岳館の主力選手たちの現在
ほとんどが強豪大進学。そして芸能界の道に進む選手も!2016年準Vの高松商ナインのその後