横浜DeNAベイスターズは13日、中日との対外試合がスタートする。その中で期待がかかるスラッガー3人いる。

4番レフト・細川 成也明秀学園日立出身)
5番セカンド・牧 秀悟松本第一出身)
6番ファースト・伊藤裕季也(日大三出身)

 細川はファームで64試合で13本塁打53打点、打率.318、OPS.998と、圧巻の成績を残したスラッガーである。牧も早速、紅白戦で本塁打を放って活躍を見せた強打者である。

 そして伊藤も、大卒1年目では21試合で4本塁打、打率.288、長打率.596と好成績を残している。三浦大輔新監督の初陣でアピールができるか注目をしていきたい。

関連記事
牧 秀悟(松本第一出身)が初本塁打!19年大学ジャパン24人中、プロ入りしたのは?
プロ入り五十幡、牧を含め、7名が硬式野球を継続!東都一部の強豪・中央大が進路を公開!
横浜DeNAは宮崎、佐野ら下位指名勢が活躍!梶谷抜けた後は近年の上位選手が鍵か?